いつでも、ふぅ。AGF

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホームCSR > 東日本大震災復興応援活動

東日本大震災復興応援活動

AGFグループは、被災地の一日も早い復興を願い、被災地のニーズをふまえた復興応援に継続して取り組んでいきます。

復興に向けた支援活動

味の素グループ 「健康・栄養セミナー」を仮設住宅の集会所などで開催
画像:移動式調理台を積んで集会所を巡ります
移動式調理台を積んで集会所を巡ります

2011年10月より、味の素グループは、現地の行政や栄養士会、社会福祉協議会、食生活改善推進員協議会、大学、NGO/NPOなどと協働し、東北3県の仮設住宅の集会所などにおいて「健康・栄養セミナー」を開催しています。
仮設住宅での買い物の不便さ、調理スペースの使いづらさなどによる健康・栄養面の問題や、仮設住宅という新たなコミュニティでの「語らいの場」の必要性が強く感じられたことがきっかけです。住民の方々が集まって、親しみやすい簡単メニューをみんなで調理し、おいしい料理を囲んで、語り合っていただく場を提供することで、皆様の “心と体の健康づくり” を応援したいと考えています。2015年12月までに、累計で1,500回を超え、20,000人以上の方にご参加いただきました。
AGFグループは、このセミナーの1コーナーとして、「コーヒー教室」の実施やスティックコーヒーによる「スティックドリンクバー」の設営により、コーヒーを囲んだ食後の語らいの時間と、コーヒーと健康に関する情報を提供しています。
私たちは、復興の足取りが確かなものになるまで、地域に寄り添った応援を続けていきます。

画像:健康栄養セミナー
健康・栄養セミナー
画像:コーヒー教室
コーヒー教室
画像:スティックドリンクバー
スティックドリンクバー
Blendy 東北 器の絆プロジェクト
画像:Blendy 東北 器の絆プロジェクト2015

AGF〈ブレンディ〉は、一杯のコーヒーとそれを楽しむ “器” を通して、おいしさとくつろぎをお届けしたいという想いから、売り上げの一部を活動資金に割り当て、“Blendy 東北 器の絆プロジェクト” を2012年に立ち上げ推進してきました。2015年度もこの活動を継続しています。

震災で被害を受けた東北の窯元の修復を応援し、 コーヒーカップという “器” を通して、東北地方の伝統的な焼き物文化を紹介したいと思います。
そして、東北の皆様にくつろぎのひとときをお届けする場を設けるなど、AGF〈ブレンディ〉ならではの復興応援を考え、実行していきます。

日々の暮らしの中に、おいしさを、そしてくつろぎをAGF〈ブレンディ〉がお届けします。

ウェブサイトご利用について個人情報の取扱についてSNS公式アカウント一覧

Copyright © AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. All rights reserved.