• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホームCSR > 森を守り、水を育む。AGFグループの森づくり活動

森を守り、水を育む。AGFグループの森づくり活動 緑豊かな森とその恵みである水をずっと守り続けたい。AGFグループの森づくり活動がひろがっています。

「ブレンディ®の森」について

ボトルコーヒーやインスタントコーヒーなど、AGFグループのさまざまな商品づくりに欠かせないのが水です。生産拠点であるAGF鈴鹿(株)では鈴鹿川、AGF関東(株)では荒砥川(あらとがわ 利根川水系)を水源とする水を使用しています。

「ブレンディ®の森」へようこそ

この水を育むのが、それぞれ鈴鹿山麓と赤城山南麓の森です。AGFグループでは、これらの森の一角を「ブレンディ®の森」と名付けました。森を整備することによって、豊かな自然や清らかな水を育む大切さを体験し、次世代へと継承していく――それが、「ブレンディ®の森」森づくり活動です。

2025年までに「ブレンディ®の森」の面積を約5倍に拡大

現在、鈴鹿・群馬の2つの「ブレンディ®の森」で育む地下水(涵養(かんよう)*1量)は、味の素AGF(株)の2つの工場(AGF鈴鹿(株)とAGF関東(株))で生産される「ブレンディ®」ボトルコーヒーで使用する水の約20%です(2017年3月末現在、味の素AGF(株)試算)。

そこで味の素AGF(株)は、2025年までに「ブレンディ®」ボトルコーヒーで使用する水100%を、「ブレンディ®の森」で育む地下水(涵養量)で賄うために、森の活動面積を2017年3月時点の約5倍に拡大します。

  • *1:涵養とは、降水や河川水が地下に浸透し、地下水となることであり、森林面積が大きいと、涵養量(地下水)が増加する。

「ブレンディ®の森」 鈴鹿人と自然がふれあえる、いきいきとした森を目指して

「ブレンディ®の森」 鈴鹿の森づくり活動は、2014年9月にスタートしました。5年かけて、AGF鈴鹿(株)で使用する水の源である鈴鹿川流域の森を整備していきます。
2017年11月までに計20回の活動を実施し(のべ約1,400名参加)、「ブレンディ®の森」 鈴鹿内をぐるりと周遊できる山道が完成し、間伐エリアが拡張しました。山道脇にあるヒノキ、スギ、ヤマザクラなど10種の樹木にQRコード付き樹名板を取り付け、10脚以上の “憩いのベンチ” を設置するなど、お客様を招待できる森へと変貌しました。
これを期に2017年は、お取引先と共同で一般のお客様を招待し、自然散策と丸太切りを体験いただくイベントを開催する事が出来ました。

2018年活動予定

新たに活動エリアを拡大し、水辺周辺のエリアの整備に取りかかり、より水を育む環境づくりを目指します。

「ブレンディ®の森」にて散策・自然観察
【 名 称 】
「ブレンディ®の森」鈴鹿
【 場 所 】
三重県亀山市関町沓掛地内
【 面 積 】
13.22ha
(2018年1月:10.66ha拡大)
【活動内容】
20回実施、のべ約1,400名が参加。
  • 森を守る活動(歩道整備、間伐、水辺周辺の整備)
  • 森を整備することで水資源を確保
    (2019年に小川の流れる森にすることが目標)
【活動開始】
2014年9月
「ブレンディ®の森」 鈴鹿 2017年までの活動エリア
  • 活動前の様子

    森の中は手入れされておらず、
    地面まで光が当たっていない。
  • 活動後の様子

    間伐、道づくりが進み、生き生きとした
    光が差し込む森になりました。

森の整備の様子

間伐した木は、歩道づくりに使用します。
  • QRコード付き樹名板の取り付け
  • QRコード付き樹名板を読み取ると、
    認定NPO法人 森林の風(もりのかぜ)様
    ホームページの樹木情報を閲覧できます。
第18回活動では、森のシンボルとなる看板を設置し、記念撮影を実施(2017年5月20日)

「ブレンディ®の森」 群馬スギ幼木を育て、緑と水資源が豊かな森へ

「ブレンディ®の森」 鈴鹿に続く第2弾として「ブレンディ®の森」 群馬の森づくり活動が、2015年5月に立ち上がりました。AGF関東(株)で使用する水の源である荒砥川(あらとがわ)源流域の赤城山南麓の森を整備することにより、水を育む活動を推進しています。2017年10月までに計12回の活動を実施し(延べ約800名参加)、植えられたスギの幼木(花粉飛散の少ない品種)が育ちやすいように、イノシシ、シカなどによる獣害対策としてネットを張り、笹や雑草などの下草刈りを行っています。2017年後半の活動は、新たに拡大したエリアでの水源周辺の整備を取り入れ、緑と水資源が豊かな森に成長する活動を継続しています。

2018年活動予定

水源周辺の整備や下草刈り作業に加え、散策のための道づくりを実施し、森を散策しながら水を感じる事が出来る環境教育の場としての活用を予定しています。

「ブレンディ®の森」 群馬の位置
【 名 称 】
「ブレンディ®の森」群馬
【 場 所 】
群馬県前橋市三夜沢町地内
【 面 積 】
8.64ha
(2017年9月:6.03ha拡大)
【活動内容】
12回実施、のべ約800名が参加。
  • 森を守る活動(獣害対策)
  • 林内整理(下草刈り、除伐、林内清掃、水源地周辺の整備他)
  • スギ幼木を育てることにより、緑と清らかな水を育む森に成長させることが目標
【活動開始】
2015年5月
「ブレンディ®の森」 群馬 2017年までの活動エリア
  • 活動前の様子

    水辺とその周辺は、
    人の手が入っていません。
  • 活動後の様子

    清掃・整備後の硯池(すずりいけ)

森の整備の様子

第10回活動時の記念撮影(2017年7月9日)
  • 水辺周辺の整備
  • スギ幼木の植栽作業
  • 成木周辺エリアの下草刈り作業
  • 暑さの中、皆で協力し作業した結果、
    光が差し込む気持ちの良い森になりました。

VOICE「ブレンディ®の森」を語る

大松 稔 様

「ブレンディ®の森」 群馬 森づくり活動により、
健全な森林を次代に引き継ぐ
支援の輪の広がりを期待します。

NPO法人 ぐんま緑のインタープリター協会
顧問 大松 稔 様

赤城山南麓でAGFグループが実施する「ブレンディ®の森」森づくり活動に赤城南麓森林組合とともにサポート役として参加して3年経過しました。

三重県亀山市での経験もあってか森づくり計画や活動体制、地域連携等申し分なく着実に成果があがっており、参加者の一人としてとても嬉しく思っています。

赤城山は群馬県を代表する山で、とりわけ南麓地帯は内陸には珍しいクロマツ林に広く覆われ、水源涵養や干害の防止等公益的に大きな役割を果たしていたものの、松くい虫被害の蔓延により荒廃が続いています。しかしながら、林業採算性の低さや所有者の高齢化で復旧が進まず、まさに緊急事態といえます。こんな折、AGFグループでは工場で使用する水資源の保全を動機付けとして森づくりに乗り出していただき、大変感謝しています。AGFグループでは従業員はもとより取引先やAGF®商品を愛飲する顧客、地域社会等いわゆるステークホルダーの理解と協力の拡大に努めておられます。

私達サポート役としても作業活動だけでなく観察会や自然環境意識の向上等のソフト面のお手伝いもできればと考えています。美しい健全な森林を次代に引き継ぐため国民共有の財産として支援の輪が広がることを願っています。

  • 手入れ前のスギ幼木(2015年:1m程度)
  • AGFグループの活動で設置した獣害対策ネットに守られ、2017年に2m以上成長するスギ幼木(ほぼ同エリア)

上賀茂神社の森ヒノキを育て、清らかな水を守り続けていきたい

京都の上賀茂神社には、神代の昔よりこんこんとわき出すといわれる「神山湧水」(こうやまゆうすい)があります。この神山湧水の清らかな水を守るため、「上賀茂神社の森」にヒノキを植えて水を育み、式年遷宮に使う檜皮(ひわだ)を採取するヒノキを育てる。このように、AGFグループは「上賀茂神社の森」の森づくり活動をさせていただいています。
2017年の活動は、植樹エリアの下草刈りに留まらず、ヒノキを獣害から保護するネットの取り付け作業も行いました。

神山湧水珈琲
神山湧水の清らかな水質に合う、極上のコーヒー「神山湧水珈琲」を境内でふるまいました。
  • 上賀茂神社の手水舎
  • 上賀茂神社の敷地内を流れる、神山湧水
  • 活動時の記念撮影(2017年8月)
  • 獣害対策 ネットの取り付け
【 名 称 】
上賀茂神社の森
【 場 所 】
京都市北区上賀茂本山地内
【 面 積 】
2ha
【活動内容】
2回実施、のべ約250名が参加。
  • 式年遷宮に使用する檜皮(ひわだ)を採取するヒノキの植樹エリアの下草刈り、除伐、獣害対策
【活動開始】
2015年8月