• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホームCSR森を守り、水を育む。AGFグループの森づくり活動 > 「上賀茂神社の森」活動レポート

「上賀茂神社の森」活動レポート ヒノキを育て、清らかな水を守り続けていきたい

2017年8月26日

第3回活動

清らかな水を育み、檜(ひのき)を獣害の被害から救う森づくり活動

  • 参加者全員で記念撮影

2017年の「上賀茂神社の森」森づくり活動には、74名が参加しました。
今回は、檜(ひのき)の木を獣害から保護するネットの取り付け、除伐作業に加え、檜の木周辺の下草刈りを行いました。コーヒーにも良く合う、神社内を流れる「神山湧水」を守り育み、世界文化遺産「上賀茂神社」社殿の檜皮(ひわだ)屋根の材料となる檜を守る活動を続けています。

  • ※除伐:育成しようとする樹木以外の木を切りのぞくこと
  • 獣害対策ネットの取り付け
  • 檜の木周辺の下草刈り

2016年8月27日

第2回活動

下草刈り作業に加え、新たなエリアで枝打ちを実施

  • 参加者全員で記念写真

2015年8月29日の第1回活動と同様、78名が参加しました。
下草刈りに加え、新たなエリアで枝打ち(除伐)作業に汗を流しました。
神山湧水を守り、式年遷宮に使われる檜皮(ひわだ)を育てるこの活動を、今後も継続していきます。

  • 作業エリアからは、京都の街並みを一望できる