• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホームCSR全バリューチェーンの環境負荷低減 > 物流

全バリューチェーンの環境負荷低減

「物流」段階での取り組み

ボトルコーヒーの地域別拠点配送体制

AGFグループは、ボトルコーヒーの物流効率の向上と環境の負荷低減を目指し、3つの生産拠点を設け、各生産拠点からの効率的な配送体制を整えています。

■配送体制地図
地域別生産拠点・配送拠点体制
エコレールマーク・エコシップマークの認定

AGFグループは、長距離輸送で商品を運ぶ際に、鉄道コンテナを約18%利用しています(2016年度実績)。2005年5月に第1回エコレールマーク認定企業に選ばれました。その後も、継続してCO2の発生を低減する輸送手段の拡大に取り組んでいます。
また、海上貨物輸送を活用した物流への環境負荷低減の取り組みが評価され、2017年7月「エコシップマーク」使用の認定を受けました。
エコレール・エコシップによるモーダルシフトにより、年間約500トンのCO2削減を行っています(味の素AGF(株)試算)。

エコレールマーク

エコレールマークとは

国土交通省は、500km以上の輸送に一定以上の比率で鉄道コンテナ輸送を利用している企業に、エコレールマークを認定しています。

モーダルシフトとは

国内の貨物輸送を、トラック輸送から大量輸送機関である鉄道または海運に転換することです。

エコシップマーク

エコシップマークとは

国土交通省を含めた選定委員会により、環境にやさしい海上貨物輸送に取り組んでいる物流事業者等が輸送される製品及びそのパッケージ等につけられるマーク。

「エコシップマーク」使用認定取得および優良事業者として「国土交通省海事局長表彰」受賞
〔エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会〕 2017年

海上貨物輸送を活用した物流における環境負荷低減への取り組みが評価され、「エコシップマーク」使用の認定を受けました。さらに、平成28年度認定事業者の中で特に功績のあった優良事業者に与えられる、「国土交通省海事局長表彰」を受賞しました。

TOPICS!「エコシップマーク」使用認定取得および国土交通省海事局長表彰を受賞!

“フードロス削減”と“物流効率化”を目指して
賞味期限の「年月」表示の取り組み

賞味期間が9ヵ月以上の家庭用商品のうち162品目目について、賞味期限表示の「年月日」から「年月」への変更およびそれに伴う賞味期間の延長を2017年7月1日より順次実施し、2017年度中に約9割、2018年度中の完了を予定しています。これにより、製造・配送・販売によるサプライチェーン全体にわたる“フードロス削減”や“物流効率化”への貢献を目指します。

【賞味期限表示例】