いつでも、ふぅ。AGF

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホームCSR > 環境負荷低減の取り組み

地球環境の持続性のために 環境負荷低減の取り組み

AGFグループは、地球環境の持続性のために、事業活動の全ての段階で、環境負荷低減に取り組んでいます。

全バリューチェーンで環境負荷低減を推進

AGFグループは商品設計からお客様の手に商品が届くまでのバリューチェーン全体にわたり、サスティナビリティへの対応、CO2削減、資源の有効活用、環境リスク物資削減等、環境負荷低減に取り組み、この活動内容を社内外に積極的に情報発信しています。

図:バリューチェーン各段階での取り組みの全体像 環境訴求広告 営業車のCO2排出削減 容器包装3R ボトルコーヒーの工場直送を拡大 お客様接点 PR活動 営業・他 物流 生産 環境汚染の防止 エコレールマークの認定 調達 ボトルコーヒーの地域別・拠点配送体制 容器包装ダイエット宣言 コーヒー豆の荷揚げ港変更 ゼロエミッションの追求 環境に配慮した原料の調達 エネルギー効率の改善 コーヒーかすの有効活用 コーヒー豆のバルク輸送 環境配慮設計ガイドライン 設計

バリューチェーン(Value Chain)とは

商品やサービスをお客様に提供するという企業活動において、設計・調達・生産・物流・営業・お客様といったそれぞれのプロセスごとに価値(バリュー)を付加し、その連鎖活動を通じて、お客様に最終的な「価値」を提供するという考え方。

事業活動と環境負荷の全体像

全社のCO2排出状況

AGFグループは、バリューチェーン全体(事業プロセスごと)での環境影響をCO2排出量に換算して定量的に把握し、削減活動に役立てています。2009年度以降、売上あたりのCO2排出量は継続して減少しています。事業プロセスの中では、原料、包材、製造で約9割を占めています。現在、2つの生産関係会社、物流、オフィス、営業車をあわせたCO2排出量を2016年度に原単位で2013年比7%削減する中期目標を掲げて削減活動を推進しています。

■CO2総排出量の推移

CO2総排出量の推移(総排出量/原単位あたり排出量)

■CO2総排出量の構成比(2014年度)

CO<sub>2</sub>総排出量の構成比(2014年度)

環境負荷の全体像(マテリアル・バランス)

環境負荷の最も大きな事業プロセスである “製造プロセス” に関しては、AGF鈴鹿とAGF関東の両生産関係会社が環境負荷の全体像(マテリアル・バランス)を作成し、環境影響を定量的に把握しています。

■2014年度:AGF鈴鹿+AGF関東
環境負荷の全体像(マテリアル・バランス)

図:2014年度:AGF鈴鹿+AGF関東 環境負荷の全体像(マテリアルバランス)

ウェブサイトご利用について個人情報の取扱についてSNS公式アカウント一覧

Copyright © AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. All rights reserved.