いつでも、ふぅ。AGF

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホームCSR > 品質保証活動を支える仕組み

品質保証活動を支える仕組み

AGFグループは、お客様からの信頼に常に応え、より良い商品をお届けするために、確かな品質保証活動を支えるシステムを構築しています。

品質・食品安全に関するAGFグループ基本理念・方針

私たちは、企業理念で、顧客満足の実現を掲げ、これをもとに品質に関する基本理念・方針を策定しています。

品質・食品安全に関するAGFグループ基本方針

1.基本理念

私達は、顧客重視と食品安全の思想を会社の中の品質に関わるすべての活動の中に徹底し、お客様の信頼と満足に応える商品とサービスの提供を通してお客様のより良い生活に貢献します。

2.方針
  • (1)私達は、お客様の声や要望を活かして、お客様の信頼と満足に応えます。
  • (2)私達は、関連する法規を順守することはもとより、常にお客様の立場にたって、商品の安全性を確保しつつ、品質の継続的改善を行います。
  • (3)私達は、国際基準であるISO9001、FSSC22000及び味の素品質保証システム(アスカ)を基本にしたAGF品質保証システムで、測定可能な目標を設定し、実施、レビューすることにより、商品の品質・食品安全を保証します。
  • (4)私達は、フードチェーン内の原料調達から生産、製品出荷までのプロセスを通して、安全な商品を実現するため、関係者と食品安全に関するタイムリーな相互コミュニケーションを行います。
  • (5)私達は、経営のリーダーシップのもと、商品企画・生産・販売・サービスにいたる全段階で、従業員一人ひとりが、品質重視の思想で行動します。

2016年6月24日
味の素ゼネラルフーヅ株式会社
代表取締役社長 品田 英明

品質保証・向上活動の基本的な考え方

全バリューチェーンで品質保証活動を推進

AGFグループは、商品設計からお客様の手に商品が届くまでのバリューチェーン全体にわたり、各段階で、品質保証に向けた事業活動を行っています。

■バリューチェーンを通じた品質保証活動の全体像

図:バリューチェーンを通じた品質保証活動の全体像

バリューチェーン(Value Chain)とは

商品やサービスをお客様に提供するという企業活動を、設計・調達・生産・物流・営業・お客様といったそれぞれのプロセスごとに価値(バリュー)を付加し、この連鎖活動によって、結果、お客様に最終的な「価値」を提供するという考え方。

品質保証マネジメントシステム

AGFグループ品質保証体系の全体像

AGFグループは、味の素社の品質保証システム(アスカ:ASQUA)に準拠しバリューチェーンマネジメントの手法を応用した品質保証体系を構築しています。

AGFグループ品質保証体系は、統合ISO9001(FSSC22000を含む)のシステムにもとづき国際的な基準の安全・安心の品質を確立するとともに、味の素品質保証システム(アスカ:ASQUA)、日本の法律、消費者の期待に合致した安全で安心な品質基準を構築しています。

■AGFグループの品質保証体系の構築図

図:AGFの品質保証体系の構築図
FSSC22000とは?

FSSC22000は、食品安全の国際規格である「ISO22000」※1と「ISO/TS22002」※2を統合した食品安全マネジメントシステムです。
AGFグループの生産関係会社では2012年4月にFSSC22000の認証を取得し、安全な商品づくりに取り組んでいます。

FSSC22000

※1 ISO22000
より食品安全に特化するため、 HACCPシステムやHACCPシステムを補完する前提条件プログラム(一般衛生管理プログラム)を取り込んだ食品安全規格。

※2 ISO/TS22002
ISO22000の前提条件プログラムの内容をより具体化し、製品リコール、倉庫保管、食品防衛などの要求事項を補完したもの。

品質保証を運営する組織

グループ全体でISO9001の認証を取得しています。品質保証活動の実践においては、この仕組みを活用した品質マネジメントシステム(QMS)をAGFグループ全体のバリューチェーンマネジメントシステムと連携させて、AGFグループが理想とする品質の実現に向けて取り組みを実践しています。

■AGFグループにおける品質・食品安全・環境 運営組織体制

図:AGFにおけるISO(QMS/EMS)組織

ウェブサイトご利用について個人情報の取扱についてSNS公式アカウント一覧

Copyright © AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. All rights reserved.