• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホームCSR > 徳之島コーヒー生産支援プロジェクト

CSR

徳之島コーヒー生産支援プロジェクト 徳之島を日本一のコーヒーアイランドに。おいしい国産豆コーヒーをお客様のもとへ―AGF®は、「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」を立ち上げました。

〈徳之島コーヒー生産支援プロジェクト〉とは

皆さんは、日本国内でもコーヒー豆が収穫できることをご存じですか?
鹿児島県奄美群島の徳之島は、年間平均気温が21.9℃と四季を通じ温暖多雨の亜熱帯性海洋気候で、日本国内でも数少ないコーヒー豆の生産ができる地域のひとつです。
現地では、コーヒー生産者会の方々が栽培に取り組んでいますが、台風被害や土壌の改善、収穫後に使用する豆の精選機や焙煎機の不足、後継者問題など様々な課題を抱えているため、安定した産業にはなっていません。
AGF®は、徳之島のコーヒー生産者会とともにこれらの課題を解決しながら、徳之島産コーヒーの生産を支援し、島の次世代に引き継ぐためのプロジェクトを立ち上げることになりました。AGF®-SV※1の一環として、この国産コーヒー豆を使った商品を開発することで、真の「JapaNeeds Coffee®」(ジャパニーズコーヒー※2)をお客様にお届けすることを目指しています。

  • ※1AGF® Shared Value:事業活動を通じて、社会価値(「ココロ」と「カラダ」の健康、「人と人とのつながり」、地球環境との共生)の創出への取り組み。
  • ※2日本人の繊細な味覚に応え、日本の生活文化に基づいたコーヒースタイル、「ジャパニーズコーヒー」を追求しています。

徳之島のコーヒー農園の現状。
強風対策として、谷間での栽培や防風ネットを利用。

【 名 称 】
徳之島コーヒー生産支援プロジェクト
【 場 所 】
鹿児島県大島郡伊仙町
【活動内容】
  • 台風対策(苗木用の生分解性ポット)他
  • 土壌改良(「コプロ肥料」*を活用)
    * 味の素社製の肥料(土壌改良、成長促進、耐病性などの効果を狙う)
  • 設備支給(組合に精選機、焙煎機等の共有設備を支給)
  • 苗木の支給(台風などの強風に比較的強い品種の苗木を支給)
  • 生産技術支援(防風対策)

2017年夏、いよいよプロジェクト始動

2017年6月26日、徳之島にある伊仙町にて、伊仙町役場、徳之島コーヒー生産者会、丸紅株式会社 飲料原料部とAGF®の4者で、「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」契約を締結、調印式が行われ、2017年11月13日(月)のコーヒー豆栽培開始式には、台風に強い鉄骨を使用して建設されているビニールハウス(広さ90m2)において、伊仙町 大久保 明町長、徳之島コーヒー生産者会 𠮷玉 誠一代表、AGF® 石川 裕取締役副社長の3者で行われました。テープカットの後、台風の影響を受けにくい低木に育つタイプのアラビカ種コロンビアの豆が植えられました。

徳之島コーヒー生産支援プロジェクト調印式
(左から)徳之島コーヒー生産者会 𠮷玉代表、鹿児島県大島郡伊仙町 大久保町長、味の素AGF株式会社 品田社長、丸紅株式会社 飲料原料部 梶原部長

コーヒー豆栽培開始式
(右から)大久保町長、𠮷玉代表、石川副社長

AGF®社員による生産支援活動 ~第1回 徳之島コーヒー生産支援プロジェクト研修~

2017年11月23日、24日、AGF®では体験型社員研修の一環として、徳之島コーヒー生産者会 𠮷玉代表の農園で種植えから収穫、精選までを経験させていただきました。
播種した品種は、ブラジル(イカトゥ)、コロンビア(タビ、カスティージョ)、インドネシア(アテンスーパー、ロングベリー)の5種類。約2,000個の種を専用ポットに植え付ける際は、台風などの強風に強いコーヒーの木を育てるために、より深い地中への根張りを促進する味の素社製のコプロ肥料「アミハート®」も活用しました。

味の素株式会社のコプロ肥料

根張り促進 対照区 アミハート® 根張り促進 対照区 アミハート®

「味の素®」等になるアミノ酸は、原料となる農作物の糖分を発酵させて作られます。そのとき、アミノ酸を取り出したあとの液体にも、たっぷり栄養成分があります。味の素社ではこの液体を、もうひとつの製品「コプロ(Co-Product:副生物)」と呼び、高付加価値の製品を生み出し、有効活用しています。今回使用したアミハート®は、植物の発根促進効果をもつ核酸を豊富に含んでおり、植物を元気にします。

種植え体験

根張りをよくするため、事前にコプロ肥料「アミハート®」に5種類の種(約2,000個)を浸けました。

専用ポットに植え付け、ビニールハウスへ運び込みました。

肥料入りの水やりをし、発芽を待ちます。

収穫~乾燥体験

𠮷玉さんの農園で、コーヒーの実を収穫しました。

収穫したコーヒーの実を水に漬けこみ、機械によって果肉やパーチメント(薄茶色の内果皮)を除去。

水洗いし、ビニールハウス内で乾燥させました。

植えた種は、発芽後…

この研修で植えたコーヒーは発芽後、ビニールハウス内で育成され、2018年春には、AGF®コーヒー実証農場(広さ35a)に植え替える予定です。
「コーヒーの栽培に関してはまだまだアマチュア、このプロジェクトを機にプロにならなければいけない」という𠮷玉代表の言葉を受け、社員たちはコーヒーのプロとして伊仙町コーヒー生産者会の方々の熱意に応えていく思いをひとつにしました。
これから安定生産に向けた道のりは長く険しいですが、伊仙町の方々とチーム一丸となって徳之島コーヒーを実現させていきたいと考えています。

ビニールハウス内で約半年育苗。

その後、コーヒーの苗木を「AGF®コーヒー実証農場」へ植え替える予定です。