いつでも、ふぅ。AGF

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホームCSR > マネジメント体制

マネジメント体制

お客様をはじめとした、さまざまなステークホルダーの皆様から信頼される企業であり続けるためには、健全で誠実な企業経営の継続が不可欠です。私たちは、健全な企業統治体制を確立し、透明性が高く、倫理的で責任ある経営を実践しています。

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの強化・徹底のために内部統制を整備し、グループ経営全般にわたる企業価値の向上を目指しています。
株主総会は、味の素社を株主としています。取締役会は、経営の最高意思決定機関として、法令および定款に定める事項ならびにその他重要な事項を決議し、取締役および執行役員の業務執行を監督しています。
また、経営会議は、会社の経営に関する基本方針について協議し、会社の業務執行に関する重要事項を決定しています。
取締役および執行役員の業務執行の状況は、3名の監査役が監査計画にもとづき独立・公正な立場から監督しています。加えて、外部監査法人が会計監査を実施し、第三者の視点からグループ経営の適法性を検証するとともに、財務情報の信頼性と透明性の向上をはかっています。
日常業務執行に対しては、内部監査を実施するとともに、「コンプライアンス委員会」による法令および「味の素グループ行動規範」を遵守するための活動や、「リスクマネジメント委員会」によるリスク管理を行っています。

図:コーポレートガバナンス体制図

コンプライアンス

AGFグループにとってのコンプライアンスは、法令遵守だけにとどまらず、「味の素グループ行動規範(以下、行動規範)」の遵守を意味します。お客様や社会から信頼される企業を目指し、その基盤となるコンプライアンス体制を確実なものにしていきます。

<味の素グループ行動規範(抜粋)>
  • 1.安全性の高い高品質な商品・サービスの提供
  • 2.地球環境とサステナビリティ(持続可能性)への貢献
  • 3.公正で透明な取引
  • 4.人権の取り組み
  • 5.従業員の人材育成と安全確保
  • 6.コミュニティとともに
  • 7.株主・投資家をはじめとしたステークホルダーへの責任
  • 8.会社資産・情報の保護・管理
  • 9.公私のけじめ
体制と委員会活動
コンプライアンス委員会

「コンプライアンス委員会」は、「行動規範」の周知徹底と、グループ全体のコンプライアンス上の重要課題、および社内外の通報・相談窓口に寄せられる案件について、対応を行っています。

公益通報制度「AGFグループホットライン」の設置

行動規範に反する行為を早期に発見し解決するため、社内外にAGFグループ共通の通報・相談窓口「AGFグループホットライン」を設置しています。通報・相談案件に対しては、コンプライアンス委員会が案件の関係者全てのプライバシー保護に配慮した対応を行い、改善や再発防止策の徹底を行っています。

コンプライアンス浸透・定着のための活動

「行動規範」の周知、ならびに普段の業務の中での実践と各職場での定着を目的として、コンプライアンス委員会が事務局となり、「行動規範集会」を2008年から継続して実施しています。

<行動規範集会 実施状況>

第二期グループ討議の様子
グループ討議の様子
第1期 2008年10月〜2011年9月(96回、980名参加)
行動規範各項目に関するアンケートにもとづき、役員・委員会委員と社員との直接対話を全職場で実施。行動規範の理解を進めるとともに、その場で提起された問題点や提案に対し、委員会で対応を検討、改善につなげてきました。
第2期 2012年5月〜2013年3月(27回、237名参加)
全管理職を対象に、行動規範のなかでも特に優先度の高い項目を組織ごとにテーマアップし、グループ討議を通じて、現状の問題点を掘り下げ、解決に向けた自職場での行動計画を共有してきました。
第3期 2013年6月〜2014年3月(25回、250名参加)
日々の業務の中に潜んでいるコンプライアンス上のリスクに自ら気づき、行動を改めることを狙い、業務に密着したテーマでグループ討議を行いました。
第4期 1回目 2014年6〜9月(22回、200名参加)
2回目 2014年11〜3月(22回、200名参加)
実例をモチーフにしたケーススタディーを用いてグループ討議を行い、ルールを守らない真の原因(=本音)に向き合い、意識・行動を変えるきっかけづくりを行いました。(全ラインマネージャーが2回参加)

2015年度は、新たに採択した「味の素グループ行動規範」の理解・浸透のための施策を実施中です。

リスクマネジメント

体制と委員会活動
リスクマネジメント委員会

「リスクマネジメント委員会」は、東日本大震災の経験を踏まえた新たな業務継続プランを構築し、その有効性の維持に努めるとともにその他企業活動に大きな影響を及ぼすおそれのある業務遂行上のリスク低減活動を行っています。

リスクの把握と特定

AGFグループでは、グループ全体の企業活動に影響を及ぼすリスクを特定し、リスク評価にもとづいて対策を行っています。特定したリスク対策の進捗をリスクマネジメント委員会、および経営会議に定期的に報告しています。

BCP

AGFグループでは、首都圏直下型地震、南海トラフ巨大地震などの発生を想定して、災害発生時の安全を確保するステージから、事業復旧ステージに至る、事業継続計画を策定しています。
また、安全確保のための、グループ全事業所の耐震化、非常食・飲料水の配備、衛星電話の配置など、種々の対策を実施して災害発生に備えています。

情報セキュリティ

AGFグループでは、「情報セキュリティポリシー」および「情報管理規程」を定め、制度面・技術面の両方から情報セキュリティを推進しています。
制度面では、コンプライアンス委員会や法務部門が、規程・マニュアルの周知や情報セキュリティの啓発に取り組んでいます。技術面では、情報システム部門が、会社データの流出を防止するための利用機器の限定、会社データへのアクセスの制限・記録、外部からの会社データへの不正な侵入の探知などを実施しています。
また、FacebookやTwitterなどの普及に伴い、社員がソーシャルメディアを利用する機会が増えているため、適正な利用を促す教育を実施しています。

ウェブサイトご利用について個人情報の取扱についてSNS公式アカウント一覧

Copyright © AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. All rights reserved.