いつでも、ふぅ。AGF®

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

コーヒー大事典

コーヒーのちょっと意外な活用法脱臭剤として使う

コーヒー・トリビア

コーヒーを脱臭剤として使う

コーヒーは、他のニオイを吸収しやすいという性質があります。保存のときには、臭いの強い他の食品の近くに置かないようにと気をつかいますが、逆にこの性質を利用してお家の脱臭剤として大活躍してくれます。
使うのは、レギュラーコーヒーを飲み終わった「コーヒーかす」です。普段なら捨ててしまう「コーヒーかす」を再利用できるわけですから、とてもエコな活用法です。

  • コーヒーを脱臭剤として使う

  • ペーパーフィルターに入れたままで活用

    ペーパーフィルターに残った「コーヒーかす」の熱が取れたら、適当な大きさのお皿に移して、冷蔵庫へ入れてみましょう。ラップはいりません。冷蔵庫のいやな臭いをみるみる取りのぞいてくれます。
    これは何も手間がかからないので、どんなに面倒くさがりの人でも大丈夫。2、3日たったら、捨てます。コーヒー好きなら、「コーヒーかす」は毎日出ますから、飲み終わったあとに「コーヒーかす」を冷蔵庫に入れるのを習慣にしてもいいでしょう。
    もう冷蔵庫用の脱臭剤を買う必要はなくなります。

    乾燥させて、お家のいろいろな場所の脱臭に利用

    しばらくの間、脱臭剤として利用するには、カビが生えないように十分乾燥させる必要があります。

    おすすめの方法は三つ。一つは、フライパンで水分がなくなるまで煎ります。このとき焦がさないように火を弱火にするのがポイントです。

    二つめは、電子レンジを利用する方法。飛び散らないように、少し深めの皿に「コーヒーかす」を平らになるように入れ、そのまま電子レンジにかけます。全体の水分を飛ばすように、ときどきスプーンなどでかき混ぜながら、乾燥させましょう。
    電子レンジの中の臭いまで取ってくれるので一石二鳥です。

    三つめの方法は、自然乾燥です。お部屋の中でも外でもいいのですが、外の場合、「コーヒーかす」が飛んでいってしまわないように、風に注意してください。平らな皿に広げて乾燥させます。

    乾燥させた後は、はぎれやガーゼに包んで脱臭剤として使用します。トイレや下駄箱、ごみ箱の中などがおすすめです。
    湿気の多い場所はカビが生える心配があるので、ときどき様子を見て、新しいものに交換してください。