Coffee Please AGF

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典コーヒーができるまでコーヒーの木を知っていますか? > コーヒーの花と実

コーヒー大事典 コーヒーのすべては、ここでわかる!

II.コーヒーができるまで

コーヒーの木を知っていますか? コーヒー豆AtoZ コーヒー製造法
コーヒーの花と実 コーヒーの生育条件 コーヒーの産地
開花期間はほぼ2日間。見るのが難しいいわば幻の花
開花期間はほぼ2日間。見るのが難しいいわば幻の花

コーヒーの花を知っていますか?

カタカナで、コーヒーノキと書くと、それがコーヒーの木の正式な日本語名称。アカネ科に属する常緑樹です。野生では、10メートルもの大きな木になるものがありますが、産地では収獲がやりやすいよう2メートル以内で栽培します。
コーヒー豆は木の実ですから、実になる前は花が咲きます。コーヒー豆からはちょっと想像できないような、とても愛らしい白い小さな花です。5つの花弁があり、ジャスミンのようなとてもいい香りがします。
「花の命は短くて」と言いますが、コーヒーの花はまさしくその通り。ブラジルでは花は一斉に開花し、その時の農園は雪景色のように真っ白で、幻想的な光景が広がりますが、その美しさを楽しめるのは本当にわずかな期間だけです。花はたった2日で、まるで雪が解けるように散ってしまうからです。
ブラジルに住んでいる人でさえ、どこかの農園で「花が咲いた」と聞けば、すぐに飛行機で飛んでいかないと見逃してしまうと言います。コーヒーの花はそのぐらい見るのが難しい花なのです。

赤く熟すとさくらんぼに似ていることから、コーヒーチェリーと呼ばれます。
赤く熟すとさくらんぼに似ていることから、コーヒーチェリーと呼ばれます。

はじめは緑の小さなコーヒーの実

コーヒーの花が散ると、緑の小さな実がなります。そして、その実はだんだん大きくなるとともに、黄色から赤へと色付いていき、完熟すると真紅色へと変化します。コーヒーチェリーという言葉を聞いたことはありませんか? 真紅色の実がさくらんぼに似ていることから、完熟したコーヒーの実のことをコーヒーチェリーと呼びます。
ただし、完熟しても赤くならずに黄色のままのコーヒーもあり、ブラジル・ポルトガル語でアマレイロ<黄色という意味>と呼ばれます。 赤い実と黄色い実では、味も違ってくるかと言うとそうではありません。赤実のものと黄実のものは単に果皮の色が違うだけで焙煎豆(ばいせんまめ)の味に差はないのです。

コーヒーの実の断面図

実の中はどうなっているのでしょう? 一つ一つの実の中には、通常コーヒーの種が二つ、向かい合わせに入っています。コーヒー豆には、平たい面と丸い面があるので、ちょうどラクビーボールを縦に半分に切ったような形をしています。
枝の先にできたコーヒーの実の場合、種が一つしか入っていないこともあります。この場合、豆は平らな部分がなくラクビーボールの形そのままです。それとは反対に、一つの実の中に三つの種が入っている場合もあり、このときには、コーヒー豆の平面であるべきところが屋根のように三角になっています。おわかりのように、ラクビーボールを縦に3等分したような形になっているというわけです。

このページの先頭へ

Copyright © AJINOMOTO GENERAL FOODS, INC. All rights reserved.