いつでも、ふぅ。AGF®

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

コーヒー大事典

コーヒー製造法スティックコーヒー

生豆
(なままめ)
コーヒー豆は、生豆(なままめ)のまま煎じて(せんじて)飲んでも、苦くておいしくありません。火で煎る(いる)ことによって、はじめてその天性のおいしさが引き出されます。
焙煎
(ばいせん)
コーヒーの生豆(なままめ)を火力で煎る、つまり焙煎(ばいせん)します。このことをローストするともいいます。この過程によって、私たちがよく目にする茶褐色のコーヒー豆になります。
ブレンド 数種類の異なるコーヒー豆を混ぜ合わせます。配合<ブレンド>すると、1種類では出せない香りや酸味、苦味などを楽しむことができます。
グラインド 焙煎豆を機械で砕きます。粗挽(あらびき)、中挽(ちゅうびき)、細挽(ほそびき)など、商品の性格ごとに粉砕機(ふんさいき)で細かくしていきます。
抽出
(ちゅうしゅつ)
細かく砕かれたコーヒーを、大型の抽出器(ちゅうしゅつき)に入れ、熱いお湯を注いで、一度に大量のコーヒー液を作ります。
噴霧乾燥 コーヒー液から水分を取り除きます。コーヒー液を霧状にして、熱風で水分を蒸発させます。
調合 クリーミングパウダー、砂糖、コーヒーなどを混ぜ合わせ、調合します。
充てん・包装 1本1本スティックに詰めていきます。スティックを箱に詰めればできあがりです。
スティックコーヒー

「マキシム®」スティックコーヒー

「マキシム®」スティックコーヒー

商品情報

スティックコーヒー

「ブレンディ®」スティックコーヒー

「ブレンディ®」スティックコーヒー

商品情報

AGF®コーヒーができるまで!」では、コーヒーがどのように作られているのかを動画でご紹介しています。
また、工場見学の予約をご希望の方は「コーヒーの香りがする工場見学に行こう!」をご覧ください。

  • AGF®コーヒーができるまで!

  • コーヒーの香りがする工場見学に行こう!