人事総務部長が語るビジョンと理念 お客様と共に価値を創造し、成長します。 人事総務部長 中山 剛 人事総務部長が語るビジョンと理念 お客様と共に価値を創造し、成長します。 人事総務部長 中山 剛

企業理念

コーヒーをはじめとする嗜好飲料とギフトを通して、「ココロ」と「カラダ」の健康、そして明日のより良い生活に貢献します。

ビジョン

私たちは、一人ひとりのお客様に、いつでもどこでも、最高のおいしさで一杯の価値を提供する日本発の愛される嗜好飲料メーカーを目指します。

「日本一愛される嗜好飲料メーカー」を目指してきました。

私たちは、一人ひとりのお客様に、コーヒーをはじめとする嗜好飲料をとおして、いつでも どこでも、最高のおいしさで一杯の価値(やすらぎと健康)を提供する「日本一愛される嗜好飲料メーカー」を目指してきました。
「日本一愛される」とは「AGFファンの数を日本一にする」ということです。そのために大切なことはお客様(消費者・カスタマー)と共に価値を創造し、成長するということだと考えています。 「お客様はコーヒーに、AGFに、何を求めているのか」「お客様が感動する商品とはどんな商品なのか」・・・など、社員一人ひとりがお客様と真摯に向き合い、共に考え抜くことで、社員の成長と同時にAGFという企業も成長させてきました。

そして「日本一愛される嗜好飲料メーカー」になるために、日本の生活文化に基づいたコーヒースタイル、「JapaNeeds Coffee®」を追求してきました。
AGFは「おいしさの科学」で解明した日本人好みのコーヒーをつくりだすため、焙煎から見直し「T2ACMI焙煎®」という日本人好みの味・香りとなる豆に焙煎する新技術を開発したのです。

この技術により、AGFとして17年ぶりに<煎>という名の新ブランドを立ち上げることができました。<煎>は、「T2ACMI焙煎®」や、日本の軟水との相性など、「日本のおいしい」を徹底的に科学することでできた、気高く繊細な香りが特徴の日本人のための珈琲です。
これからも日本人の繊細な味覚に応えるため、技術・設備、商品、文化事業・社会貢献で「JapaNeeds Coffee®」を進化させ、日本の食文化により深く根差した活動を行っていきます。

また、「AGFファン創り」をより一層強化するための、コーポレートスローガン「いつでも、ふぅ。AGF」を大事にしています。
「いつでも、」の中に、コーヒー中心の事業から嗜好飲料全般への展開を通じ、より一層お客様一人ひとりの「ライフステージ」と「生活シーン」に寄り添っていきたいという気持ちを込め、「ふぅ。」の中に、嗜好飲料がお客様にお届けできる、普遍的で深い情緒価値をご提供したいという思いを込めています。

「TEAM AGF」で幸せづくりに邁進、高品質で高収益なスペシャリティ企業を目指す。

2017-19年度 新中期経営計画に基づく活動がスタートします。戦略の骨格は2020年度に向け味の素グループ全体で、事業を通じた更なる社会貢献を目指し、今までの戦略(Fit and Grow with Specialty) を踏襲しつつ、AGF-SV(AGFグループシェアドバリュー)の実践によって、AGFグループの社会課題解決力を強め、企業価値の向上を図るというものです。

味の素グループは、グローバル食品企業トップ10クラス入りし、更なる社会・経済価値の創造を実現へ向けて歩を進めておりその中で、AGFは、コーヒー・粉末飲料事業の中核会社として味の素グループでリーダーシップを発揮していくことが求められています。
私たちは、味の素グループにおける嗜好飲料事業の中核会社、高品質で高収益なスペシャリティ企業として成長、活躍の舞台を日本市場は元より、世界市場へと大きく広げ、新しい事業にチャレンジしていきます。

そのためにも、今まで以上に、R&D、調達、生産、商品開発、営業、またはコーポレート機能、システム、人財を含めバリューチェーン全体のスペシャリティ化(独自価値化)を推進します。
そして、安全第一主義、現場第一主義、生活者第一主義の三位一体経営の具体的な経営戦略を、安心品質NO.1企業を目指すこととし、感動のおいしさ追求と共にお客様のクレームゼロ化に向け、経営のリーダーシップで取組を徹底していきます。

また、当社の事業を通した社会課題の解決の取組みであるAGF-SVとして、多様化した価値観やライフスタイルを有するストレス社会のおける「ココロ」と「カラダ」の健康に貢献することと考えています。特に、ココロの健康という課題に対しては、ひと時のRest(休息)、Relaxation(安らぎ)、Refreshment(気分一新)の心の3Rを提供することで課題解決に貢献し、更に幸福感をもたらす語らいを通じた人と人とのつながりや一歩前向きな気持ちにさせてくれる時間の提供や場面の提案を通じて、AGFが一人ひとりの生活や人生のパートナーになることができるのだと思います。

そして、AGFの中心となる「人」に焦点を充てて、様々な改革に取り組んでいきます。ポイントは以下の4つです。
1つ目は、従業員の「働きがい」です。社員一人ひとりの自律的成長と、それを支援する上司の部下育成力を支援・強化していきます。また、様々な労働条件の整備にも努めます。
2つ目は、従業員の「こころとからだの健康」です。職場環境の改善を図り、メンタルヘルスケア能力の向上に取り組みます。
3つ目は、「多様性」です。様々な価値観を有する社員が活躍できる環境を整えます。女性マネージャーの登用を促進すると共に、10年で3職種以上を経験できるようにジョブローテーションを進めます。
4つ目は、「働き方改革」です。'Positive Off' 'Productive on' をキーワードに、ワークライフバランスを推進、2020年には平均年間総労働時間1870時間以下にします。

最後になりましたが「TEAM AGF」の考え方を、お伝えしておきます。
皆さんはチームと聞いて何を思い浮かべますか? 我々はお客様の笑顔を思い浮かべます。
バリューチェーンが一体(ONEチーム)となり、多様な人財が、社外の取組先(パートナー)と共に価値を創造する。
「TEAM AGF」は、お客様を笑顔にする究極の一杯を創りだすことを目指し、全力で走り続けています。

皆さん、チャレンジ精神溢れる社員と共に「TEAM AGF」で、嗜好飲料を通じて世界を笑顔にしてみませんか?
グローバル市場で成長を遂げて行く「TEAM AGF」は、高い志を持った挑戦者をお待ちしております。