写真 写真

「おいしいものをつくりたい」という初心を貫く 「おいしいものをつくりたい」という初心を貫く

学生のこと、社員のことを考えてくれる「人の良さ」

子供の頃から食品に興味があり、就職活動も食品会社を中心に行っていました。初めからAGFが第一志望というわけではありませんでしたが、選考が進むにつれて、どんどんAGFの魅力に惹き込まれていきました。その中でも最大の魅力であり、入社の決め手となっているのは、何よりも「人の良さ」です。選考でまず印象的だったのは、説明会の質疑応答で、AGFが自信を持てていない点・失敗談についても、包み隠さず丁寧に答えてくださる様子でした。また、面接で人事の方を前にした時も、場の雰囲気に自然に溶け込むことができ、無理なく素直な自分を出し切ることができました。選考の過程のみならず、内定が決まった後も温かくフォローして頂き、本当に学生のこと、社員のことを考えてくださる会社だと確信しました。会社について知れば知るほど好きになる、そんな会社だと思っています。

研究所レベルから工場レベルへのスケールアップ
イメージが商品に近づく瞬間

チルド商品とポーション商品の開発をしています。
まず、商品コンセプトに合わせて、フォーミュラ(レシピ)の開発を行います。何度も試作を行い、原料選びから配合決定まで行います。また、事業部を交えて飲み合わせを行い、味や香りの方向性を決めていきます。ターゲットのイメージをつかむため、コンビニ・スーパーの市販品や、ショップの商品等、色々なサンプルを並べて比較することも多いです。こうして議論を重ねながら、飲み合わせと試作を繰り返し、フォーミュラを決定します。次に、工場の生産ラインを用いた試作テストを実施し、生産性の確認を行います。最後に、保存試験により、賞味期限の設定・確認を行います。その後も、保存後に味や香り、物性が大きく異なってしまうフォーミュラは採用できないため、再度検討が必要となります。自分の関わった商品が世に出回っているのを見たときはもちろんですが、研究所レベルから工場レベルへスケールアップする段階もまた、やりがいのひとつです。研究所で生まれた試作品は、あくまでも「イメージ」。しかし工場での試作テストで、工場の生産ラインからパッケージされた状態で試作品がでてくると、これまで「イメージ」だったものが「商品」になるという実感がわきます。一方で、工場の生産ラインは研究所の試作とはあらゆる条件が異なっているため、味や香りが「イメージ」とは異なったものになる場合も多々あります。手作りの味がうまく出せないというのは、この仕事の難しさの一つです。

「おいしいものをつくりたい」という初心を忘れない

入社半年後の研修で、先輩から頂いたメッセージの中に、「自分が“おいしい”と思える商品づくりを心がけてください」という言葉がありました。フォーミュラ開発では、コンセプトやコスト、ターゲット、保存性、製造拠点の条件等、考慮しなければならない要素がたくさんあります。そのため、業務に慣れてきた頃には、頭の中で難しく考えすぎてしまう時がありました。そんな時、先輩からのメッセージを頂き、初心を忘れかけていたことに気づいてはっとしました。商品である以上、越えなければならないハードルはたくさんありますが、一番大切なのは、「おいしいものをつくりたい」という気持ちだと思います。これからも、その気持ちを大切にして開発をしていきたいと思っています。
そして、いつかコーヒーが好きになるきっかけとなる商品をつくりたいと思っています。コーヒーは嗜好飲料の中でも好き嫌いが分かれやすい飲料だと感じています。コーヒーが苦手な人たちが私の作った商品を口にし、コーヒーに対する考え方が変わってくれたら、と思っています。

MESSAGE 学生へのメッセージ MESSAGE 学生へのメッセージ

「就職活動は縁」だとよく言われますが、本当にそうだと思います。試行錯誤するうちに、相性の合う会社に必ず出会います。
そのタイミングが人によって遅かったり早かったりするかもしれませんが、全く気にすることはないので、前向きな気持ちで就職活動を楽しんでください。肩肘はらず、着飾らず、自分に正直に、思いを伝えてください。もしも何かの選択に悩んだときは、「自分が後悔しない」道を選ぶと良いと思います。私自身、うまくいかなかったことや学業との両立に悩んだことももちろんありました。ですが、自分なりに後悔しないやり方を選んできたので、今でも満足できる就職活動だったと思っています。自分に合った会社に出会い、満足のいく就職活動ができるよう、社員一同心から応援しています!