写真 写真

得意先を深く知り、共に課題解決することでAGF®ファンを増やす 得意先を深く知り、共に課題解決することでAGF®ファンを増やす

コーヒーの「人と人とをつなぐ魅力」を早く一人前になって多くの人たちに広く届けたい

私の両親はAGF®商品をAGF®ファンとしていつも飲用しており、家族団欒の場にはいつもAGF®の商品がありました。入社の決め手は思い入れのあるAGF®の商品を通じてコーヒーの持つ「人と人をつなぐ魅力」を多くの人達に広めたいと思った事です。また、入社試験面接時にこの気持ちは人事部の面接官にも届き、大事にして欲しいと言われた事で「AGF®で働いてみたい」という思いが一層強くなりました。面接が進み、AGF®の社員の方々との接点が増えて、私は「AGF®の社員の方々と一緒に働きたい、日本一の嗜好飲料メーカーになる為、この会社で自分の力を発揮したい」思うようになり、AGF®で働き始めた現在もこの気持ちを持ち続けて、先輩達に早く追いつき、早く一人前になりたいと思って働いています。

得意先の課題や要望を引き出し、共に解決することで、AGF®ファンを増やしていく

現在の仕事は量販店の本部で販促獲得や、棚割提案、販売方法の提案を主に行っています。
また、店舗での商談も並行して行っています。本部オペレーションを売場で実現し、売場で得た販売情報をまとめ、売場の担当者へ報告、次に繋がる提案をしています。量販店、店舗にてAGF®ファンを増やしていくのが私の仕事です。
得意先では、何を悩んでいるのか?何を望んでいるのか?それらを引き出して、一つ一つ解決していく事がAGF®では求められます。そのため、得意先をよく知り、何度も提案を繰り返す中で、お客様のニーズを見つけ出す必要があります。そして、AGF®商品でできることはなにか?どのようにやるのか?を考え行動していく事が私の課題のひとつとなっています。提案型営業は時間もかかり、相手をよく知らなければ出来ないことで、現在、大変苦労しています。しかし、自分が提案した企画が実現した時には大きな喜びを感じます。
配属直後、得意先の店舗担当者に、「勉強の為に、一度AGF®の商品で売場を作らせてあげるから準備をしてきなさい」と言われたことがありました。当時何もわからない私でしたが、上司・先輩に相談し、何度も足を運び、提案することでAGF®商品の売場づくりを実現しました。担当者にお褒めの言葉を頂いた時や、その売場の商品をお客様が手にとっていく姿は今でも忘れられません。
もっと経験を積んで、より良い提案が早く出来るようになりたいと思います。

先輩のように信頼を得る営業へ

今後挑戦したいことはPOSデータや商圏データを用いた提案をすることです。
現在、私は知識や経験が少なく、得意先への提案がいつも実現するわけではありません。少数精鋭で若いうちから活躍が求められるAGF®では知識や経験を得ることに時間をかけてばかりもいられません。しかしAGF®の持つ商圏データやコーヒーに関する情報を活用する環境が整っており、先輩たちと同じ土俵で得意先の商談へと臨むことが出来ます。この環境をうまく使いながら、一日も早く先輩のようになり、得意先から信頼を得る営業へと成長したいです。そして、成長のために日々勉強を続け、豊富な経験を持つ先輩たちに頼りながらもAGF®ファン作りに貢献をしたいと考えています。

MESSAGE 学生へのメッセージ MESSAGE 学生へのメッセージ

私が就職活動で大切にしていた点は自分がしてきたことを自信を持って伝えるということです。
就職活動をしていると自分自身が不安になり、周りの人間が何か凄い事をしてきたのかもしれない、優秀な人間かもしれないと思う事があります。しかし、自分を大きく見せる必要は決してありません。焦らず、自分がどんな人間であるのかを正直に面接官に分かり易く伝える事が大切だと私は思います。面接官も入社志望者の素直な姿を求めているし、等身大の自分を受け入れてくれる会社はきっとあります。それでも不安になり、迷う事はありますが、そんな時でも過去の自分を振り返る時間を作って、自分の持つ軸を再確認し、絶対に負けないという気持ちを強く持てば、乗り越えることが出来ると思います。

※部署名は取材当時のものです