コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

コーヒーのちょっと意外な活用法料理に使う

コーヒー・トリビア

コーヒーをカレーの隠し味に使えます!

コーヒーはドリンク、つまり飲みものというイメージがありますが、実は、それだけではありません。スパイスとして、お料理に使えるのです。
コーヒーのビターな風味と香ばしさは、肉料理の隠し味に使ってコクを出したり、オーブン料理の焼き色をきれいに仕上げたりと、大活躍をみせてくれます。
お料理のおいしさをぐっとアップしてくれる、新しいコーヒーの使い方、ぜひおためしください。

  • カレーやシチューの隠し味に意外なおいしさ

    カレーの中にインスタントコーヒーを約半カップ<ティースプーン1杯を熱湯140㏄で溶かしたもの>を入れるだけで、ぐっとコクが出ます。
    ビーフシチューなら、インスタントコーヒーを大さじ1~2杯入れると、ちょっと大人の味に仕上がります。

    お肉を使ったオーブン料理に!

    コーヒーはお肉料理の隠し味に大活躍してくれます。たとえば、スペアリブを漬け込むとき、インスタントコーヒーを適量ふりかけましょう。香ばしさが増すだけでなく、焼き色もきれいに仕上がります。

    クセのある素材を食べやすく

    ぐつぐつ煮立ったお鍋の湯にインスタントコーヒー小さじ1杯を溶かします。そこで薄切り豚肉のしゃぶしゃぶを試しみてください。
    コーヒーがお肉のクセをやわらげ、お肉特有の臭みもおさえてくれます。

  • コーヒーをカレーの隠し味に使えます!