コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

もっとおいしくなるコーヒーのいれ方コーヒー器具事情

コーヒーのいれ方にはちょっとこだわりがある・・・・・・そんな方が増えてきました。
コーヒーを抽出(ちゅうしゅつ)する器具も、現在はさまざまなものが手に入ります。
こちらでは今人気のコーヒー器具事情をお伝えします。
もしかしたら、新しいコーヒー器具との出会いが、新しい一杯との出会いになるかもしれません。

パーコレーター

  • 一見ヤカンのような形をしていますが、ふたを開けると中にろ過器が入っています。このろ過器にコーヒーを入れ、あとは水を入れ火にかけるだけです。

    手間がかからないのと、大人数分のコーヒーを手軽に作れること、ろ過器をはずせば、ヤカンとして使えることなどの理由で、キャンプ場などのアウトドアの場面で、とても人気のあるコーヒー器具です。西武開拓時代のアメリカで普及しました。

    お湯が沸騰すると、ろ過器の底から出たパイプを通って、お湯が上部に送られ、コーヒーにふりかかることで、抽出(ちゅうしゅつ)が始まります。仕組みは、サイフォンと同じです。しかし、パーコーレーターの場合は、抽出されたコーヒー液はまた温められると、再度上部に送られ、再び抽出されます。

    つまり、火にかけ続けると何度も何度も抽出されることになり、味の濃いコーヒーになりがちです。風味が失せてしまうので、火を下すタイミングが重要です。たいてい、ふたの上部に中のコーヒーの様子がわかる透明なつまみがついており、そこからコーヒー液の色を見て、火から下ろすタイミングを判断します。

    ただ、たとえ少々ワイルドな味のコーヒーでも、野外で飲む一杯は格別なのではないでしょうか。