コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

コーヒー製造法インスタントコーヒー

生豆
(きまめ)
コーヒー豆は、生豆(きまめ)のまま煎じて(せんじて)飲んでも、苦くておいしくありません。火で煎る(いる)ことによって、はじめてその天性のおいしさが引き出されます。
焙煎
(ばいせん)
コーヒーの生豆を火力で煎る、つまり焙煎(ばいせん)します。このことをローストするともいいます。この過程によって、私たちがよく目にする茶褐色のコーヒー豆になります。
ブレンド
数種類の異なるコーヒー豆を混ぜ合わせます。配合<ブレンド>すると、1種類では出せない香りや酸味、苦味などを楽しむことができます。
グラインド
焙煎豆を機械で砕きます。粗挽(あらびき)、中挽(ちゅうびき)、細挽(ほそびき)など、商品の性格ごとに粉砕機(ふんさいき)で細かくしていきます。
抽出
(ちゅうしゅつ)
細かく砕かれたコーヒーを、大型の抽出器(ちゅうしゅつき)に入れ、熱いお湯を注いで、一度に大量のコーヒー液を作ります。
フリーズドライ製法
(真空凍結乾燥法)
スプレードライ製法
(噴霧乾燥法)
凍結・粉砕
(ふんさい)
噴霧乾燥
真空凍結乾燥 造粒化
(ぞうりゅうか)

コーヒー液をマイナス40℃の冷凍機で凍らせ、細かく砕きます。

このコーヒーの粒を真空中で乾燥させます。真空環境下では水分が水蒸気になりやすいため、熱を大きくかける必要がなく、その結果、風味や香りを逃がさないのが特長です。

コーヒー液を霧状にして、熱風で水分を蒸発させます。

造粒化(ぞうりゅうか)

さらにAGF®では、コーヒー粉をくだいて中の空気を抜いてから、また粉同士をくっつけるという特殊な工程を通ります。
これにより、冷たい水にもすぐ溶けるコーヒーが出来ます。

充てん・包装 充てん・包装
袋やビンに充てんして包装します。 袋やビンに充てんして包装します。
フリーズドライコーヒー

「マキシム®」インスタントコーヒー

「マキシム®」
インスタントコーヒー

商品情報

スプレードライコーヒー

「ブレンディ®」インスタントコーヒー

「ブレンディ®」
インスタントコーヒー

商品情報

コーヒー・トリビア

ティースプーン山盛り1杯
  • おいしいインスタントコーヒーを入れるには、一般的には、ティースプーン山盛り1杯<約2g>にお湯<140ml>が適量です。

    ティースプーンと呼ばれているスプーンを知っていますか?食事用のスプーンよりひとまわり小さいスプーンで、カフェでコーヒーを注文すると、カップのわきにのせられて、私たちとのところに届けられるスプーンと言ったら、分かりやすいかもしれません。

    でも、山盛り1杯にこだわる必要はありません。疲れたときは濃いめ、お菓子と一緒の時は薄めなど、個人の好みやその時々で加減してみてください。インスタントコーヒーは、そのときどきで、好きな濃さに出来るのが、とてもいいところです。

  • ティースプーン山盛り1杯

AGF®コーヒーができるまで!」では、コーヒーがどのように作られているのかを動画でご紹介しています。
また、工場見学の予約をご希望の方は「コーヒーの香りがする工場見学に行こう!」をご覧ください。

  • AGF®コーヒーができるまで!
  • AGF®コーヒーができるまで!