陸上競技のアスリート

PROFILE AGF鈴鹿(株) 総務グループ 衛藤 昂(えとう たかし)

衛藤 昂

2014年・2016年日本選手権優勝、自己ベスト2m30cm。
日本歴代5位タイ。1991年2月5日生まれ。
旭が丘小学校、白子中学校、鈴鹿高専から筑波大学大学院へ進学。
筑波の2年間を経て、2015年4月にAGF鈴鹿(株)へ入社、通勤は実家から自転車で10分。
リオデジャネイロ五輪 日本代表。

陸上競技との出会い

写真

子供のころ自宅近くの国道23号線を走る全日本大学駅伝を見て、小学3年生から長距離走を始める。
小学校6年最後の市大会、初めての走り高跳びで優勝。
“いける!!”と思った。以来、走り高跳び一筋。

2017.10.14 サオリ祭’17 参戦 レジェンド吉田沙保里と共演

放送予定

11月3日(金・祝)午後8時~ NHK総合 <三重県域>

サオリーナ(吉田沙保里アリーナ)のオープニングイベント「サオリ祭’17」に三重県若手アスリートとして参戦してきました。
レジェンド吉田沙保里さん、普段接する機会の少ないボルダリングやBMXの選手と共演することができ、とても楽しいイベントになりました。
イベントの様子はテレビ放送されますので、是非ご覧ください!(衛藤)

2017.10.09  スポーツ祭り2017 @味の素ナショナルトレーニングセンター 垂直跳び体験コーナーにて未来のオリンピアンと交流

日本オリンピック協会(JOC)と味の素等が主催するスポーツ祭りに、ゲストオリンピアンとして参加させていただき、小中学生アスリートと垂直跳び体験を行いました。(衛藤)

2017.10.07  国体3連覇! 旗手で優勝を果たす 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体

県選手団旗手として注目された中で3連覇を果たすことができ、安心するとともに選手としての成長を少し実感できました。
本大会にて今シーズンが終了しました。
2017年シーズンもたくさんの声援をいただきありがとうございました。(衛藤)

2017.09.30  えひめ国体 三重県選手団旗手として堂々行進 第72回国民体育大会 総合開会式~

天皇・皇后両陛下、日本体育協会 伊藤会長(味の素(株)会長)の目の前で、県選手団67名の先頭に立ち旗手を務めた経験は、何物にも代えがたい思い出になりました。
どの県よりも高く県旗を上げられるよう意識して行進しました。(衛藤)

2017.09.23  AGF鈴鹿サンクスデー 第5回鈴鹿市記録会 ~ココロとカラダが元気になるAGF鈴鹿サンクスデー~

AGF鈴鹿陸上競技場およびAGF鈴鹿にて、AGF鈴鹿サンクスデーが開催され、アスリートコーナーとして「ユニホーム展示、2m30cm高さ体験、サイン会」を行いました。

2017.09.21  えひめ国体 三重県選手団“旗手”に任命 第72回国民体育大会三重県選手団結団壮行式@三重県総合文化センター

放送予定

開会式:NHK Eテレ 9月30日(土)午後1:45-
陸上 :NHK Eテレ 10月7日(土)午後4:00-

9月30日に開幕する「えひめ国体」の三重県選手団の旗手に衛藤さんが選出されました。
開幕に先立ち県内にて結団壮行会が開催され、鈴木英敬知事、竹林選手団長から県旗を託されました。
走り高跳び個人3連覇と開会式の精悍な行進に期待が高まります。

2017.08.04-08.13  世界陸上2017ロンドンのご報告

ご声援いただきありがとうございました。
結果は2m22cm、22位と力を発揮できず、目標の決勝進出が果たせませんでした。
2年前の北京、昨年のリオ五輪の経験を活かせず悔しく思います。

来年以降も2018アジア大会(ジャカルタ)、2019世界陸上(ドーハ)、2020年東京五輪と続きます。来シーズンは世界大会がありませんので、自己記録の更新、日本記録2m33cmの更新を狙い、日本記録保持者として2019年、2020年の世界大会を迎えられるよう精進して参ります。今後ともよろしくお願い致します。(衛藤)

2017.07.10  味の素社西井社長 表敬訪問 ~世界陸上内定の報告、東京2020に向けて~

味の素AGF社の品田社長、石川副社長ご同席のもと、味の素社の西井社長、高藤専務を表敬訪問致しました。
8月の世界陸上、東京2020に向けて、西井社長から直接激励のお言葉をいただき、大変感激致しました。
味の素グループ社員としての誇りを胸に、世界陸上では精一杯跳んで参ります!(衛藤)

2015.06.29-07.06  世界陸上前哨戦 ~陸上ワールドシリーズ ダイヤモンドリーグ初参戦~

フランス/パリ

ハンガリー/ セーケフェシュ ヘールバール

念願の舞台であった世界最高峰の舞台“ダイヤモンドリーグ”に出場し、8位入賞を果たすことができました。
世界陸上では今回不出場のアメリカが加わるので、再度8位以内を目指すためにも残りの1ヵ月しっかり調子を上げていきます。(衛藤)

2017.06.25  日本選手権2連覇 ~出場選手唯一2m25cmクリア、世界陸上内定~

品田社長を始め本社、大阪支社、AGF鈴鹿(株)から30名を超える大応援団にかけつけていただきました。
生憎の天候でしたが、AGF®の熱いエールに、2連覇という形で応えることができました。世界陸上の入賞を目指して、ここから更に調子を上げて行きたいと思います。(衛藤)

2017.05.31  鈴鹿大学「鈴鹿学」にて“社会人アスリート”について講演

サーキット、伊勢型紙、鈴鹿抹茶等、鈴鹿を拠点に活躍する企業、人を講師に迎え開催される「鈴鹿学」に鈴鹿を拠点にするオリンピアンとしてお声掛けいただきました。
大学で授業を行うのは初めてでしたが、「AGF®のサポート、プロと社会人アスリートの違い、アスリートの引退後」について、冒頭はたどたどしかったですが、最後はしっかりお伝えできたと思います。(衛藤)

2017.05.27  AGF®第2回キッズアスリート教室 開催

5月27日(土)青空のもと、第2回キッズアスリート教室が開催されました。
対象を小学3-6年生に限定したことで第1回に比べるとこじんまりした雰囲気になりましたが、より専門的に、また1人1人に触れ合える教室にすることができました。これから始まる小学生陸上大会での活躍を期待しています!(衛藤)

2017.05.21 セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎
~ 今季2度目の2m30cmクリア、世界の強豪相手に2位 ~

今季2度目 2m30cmクリアの瞬間

今シーズン唯一の首都圏開催の試合に、AGF®本社から30名を超える大応援団に来ていただきました。今大会は、日本で開催される試合の中で1番格式の高いWorld Challengeに属しており、2m30cm以上の記録を持つ選手が海外から4名集結しました。試技数の差で優勝はなりませんでしたが(優勝2m30cmを1回目でクリア)、世界の強豪を相手に2位になれたのは自信になりました。(衛藤)

2017.05.03 第33回静岡国際陸上競技大会
~ 2m25cmを1回目にクリア、今季全国大会初戦を優勝で飾る ~

2m25cm クリア!

AGF鈴鹿(株)から20名を超える応援団に来ていただき、応援団の前で今季全国大会初戦を優勝で飾ることができました。4月にクリアした2m30cmの挑戦は力が入り過ぎてクリアなりませんでしたが、春からの好調をアピールすることができました。(衛藤)

2017.04.29 AGF® 第1回キッズアスリート教室
~ 鈴鹿市内276名の小学生が参加 ~

AGF鈴鹿陸上競技場にて、AGF®キッズアスリート教室が開催され、走り高跳びのコーチとして参加しました。青空のもと、昨年の5倍となる276名の小学生が参加し、大盛況のイベントになりました。これからもスポーツを通じて鈴鹿市を元気に、スポーツを頑張るキッズを応援していきたいと思います。(衛藤)

2017.04.16 自己新&世界陸上参加標準記録 2m30cmクリア 三重県国体一次選考会 @三重交通Gスポーツの杜伊勢

2m30cmクリアの瞬間

2m30cmクリアの瞬間

2017.04.08 2017年シーズン開幕 今年もAGF陸上競技場にてシーズンイン 生憎の雨も2m20cmを記録 第1回鈴鹿市記録会

高専時代からのコーチ 舩越先生

2017年シーズン最高の“開幕ダッシュ”を決めることができました。今年は世界陸上ロンドン大会(8月)の決勝進出、日本記録2m33cmの更新を目標に、今後の国内主要大会、海外遠征に出場していきます。
2017年も応援よろしくお願いします!(衛藤)

2017.04.02 名張市民陸上競技場オープニングイベント(三重県名張市)

名張市民陸上競技場オープニングイベント

名張市の陸上競技場がリニューアルし、そのオープニングイベントにゲストジャンパーとして参加しました。今回のイベントは、陸上競技の実技披露だけでなく、地元小中学生との60m対決や老若男女9人 x 100mリレー等、市民参加型のイベントで、たくさんの方と触れ合える楽しいイベントでした。(衛藤)

2017.02.25 第45回三重県スポーツ賞、平成28年度公益財団法人三重県体育協会表彰式 三重県スポーツ功労団体賞※1(AGF鈴鹿株式会社、三重県)、優秀選手賞※2(衛藤、県体育協会)を受賞

  • ※1県の競技スポーツ推進に貢献した企業に授与
  • ※2オリンピック、日本選手権、国体優勝を評価

第45回三重県スポーツ賞、平成28年度公益財団法人三重県体育協会表彰式

県の競技スポーツ推進に大きく貢献した企業にAGF鈴鹿(株)が選出され、鈴木英敬知事より三重県スポーツ功労団体賞を授与されました。TOKYO2020、三重国体2021に向けて、より一層精進して参ります。(衛藤)

2017.02.04,02.11 2017年プレシーズン ヨーロッパ室内遠征 inチェコ

1戦目 Husutopece skakani(Hustopece/2月4日)

2戦目 Beskydská lat'ka (Trinec/2月11日)

屋外シーズンに先駆け、室内陸上の本場ヨーロッパでの試合に参加してきました。
普段の日本の屋外での試合と異なり、音楽や光による場内の演出、観客との距離感が、試合というよりは“ショー”に近い感覚でした。
室内競技場の環境に苦戦し、思い通りの結果は得られませんでしたが、課題と方向性を確認することができ、4月からの屋外シーズンに向けて弾みがつきました。(衛藤)

2017.01.08
第25回かめやま“江戸の道”シティマラソン(三重県亀山市)

開会式

スターター

抽選会

隣市の亀山市で行われた“江戸の道”シティマラソンにゲスト参加してきました。
今回出走はありませんでしたが、かつて長距離ランナーとして駆け抜けたコースを懐かしみながら、スターターを務めさせていただきました。
最後に“お楽しみ抽選会”が行われ、AGF鈴鹿賞(「煎」ギフト)を初め、たくさんの商品のくじ引きを務めさせていただき、大盛況でイベントを終えることができました。(衛藤)

2016.12.18 第19回鈴鹿シティマラソン2016 鈴鹿サーキット国際レーシングコース

開会式整列

ドリコレ配布

2.0kmジョギングの部 スタート前

2.0kmジョギングの部 スタート

スポーツ大使就任後、初のイベント「鈴鹿シティマラソン」にゲストランナーとして参加してきました。
F1の聖地“鈴鹿サーキット国際レーシングコース”を7,500名を超えるランナーと共に駆け抜けてきました!
ゴール後はAGF®のカフェオレを振る舞いAGF鈴鹿(株)と鈴鹿市をしっかりPRしてきました。(衛藤)

2016.12.15 “鈴鹿市シティセールス特命大使 「鈴鹿と・き・め・きスポーツ大使」” 就任

「鈴鹿と・き・め・きスポーツ大使」就任

授与されたもの

名刺

名刺

伊勢型紙の委嘱状

伊勢型紙の委嘱状

チタン製タンブラー

チタン製タンブラー

生まれ育った鈴鹿市に大使という形で携わることができ、とても嬉しく思います。
鈴鹿市はサーキットで有名ですが、伊勢型紙や鈴鹿墨などの伝統工芸品、海や山、広大な茶畑など自然に恵まれた街でもあります。皆さん是非!鈴鹿市にお越しください!(衛藤)

2016.11.21 “夢の陸上キャラバン隊 ” キッズアスリートIN一ノ宮小学校

キッズアスリートIN一ノ宮小学校

出身である鈴鹿市の小学校での陸上教室に携わることができ嬉しく思います。
小学校の校庭で「児童の身長を超える高さの跳躍(はさみ跳び)」と「走り高跳びの授業」を行い、“競技の魅力と楽しさ”を充分に伝えることができたと思います。
これを機会に走り高跳びを始める児童が増えてくれると嬉しいです。(衛藤)

2016.10.28 母校凱旋 母校“白子中学校”文化祭にて講演

五輪テーマ“HERO”で入場

2m29モニュメントも活躍

同窓生寄贈の横断幕

走り高跳びの後輩から贈呈

母校“白子中学校”の文化祭に合わせて、1,000人を超える後輩に向けて講演を行いました。
自身も文化祭のときにトランペット奏者の方が来られたのを今でも良く覚えているので、11年後「逆の立場」として帰ってきたことは、とても不思議な感覚でした。
4年後“東京2020”での再会を約束したので、実現できるようより一層精進して参ります。(衛藤)

2016.10.08 いわて国体 “連覇達成”

いわて国体 昨年のわかやま国体に続き“連覇”

三重県代表として「優勝、2連覇」を達成することができ嬉しく思います。
全国大会の連覇は初めてでしたので、素直に嬉しいです。寒さと雨、長時間に渡る試合に苦戦しましたが、集中を切らすことなく勝負所を抑えることができました。
本試合にて今シーズンが終了しました。
2016年シーズンたくさんのご声援をいただきありがとうございました!(衛藤)

2016.08.05-08.21 リオオリンピックのご報告

リオオリンピック

たくさんの温かいご声援、力強いご支援ありがとうございました。
初のオリンピックは悔しい結果に終わりましたが、いちアスリートとしてこの舞台に立てたこと嬉しく思います。
競技を終えた直後は、なかなか整理がつきませんでしたが、走り高跳びの決勝や400mリレーを見て、この舞台で活躍したいと素直に感じました。
この気持ちをまずは来年のロンドン世界陸上、そして4年後の東京オリンピックに繋げられるよう、より一層精進して参ります。これからもよろしくお願い致します。(衛藤)

2016.06.26 2m29cm突破で見事優勝!“リオ-オリンピック”出場決定!!
第100回日本陸上競技選手権大会(パロマ瑞穂スタジアム)

第100回日本陸上競技選手権大会

第100回日本陸上競技選手権大会

今日の今日まで五輪の参加標準記録=2m29cmが跳べず、このラストチャンスに2m29cmをクリア、優勝することができました。
皆様、ほんとうに応援ありがとうございました。
自己ベスト更新はできたのですが、まだ2m20cm台です。次は2m30cmという記録を出して、世界に乗りこみたいと思います。
今後は日本陸上競技連盟のもとで準備を整え、アメリカでのコンディション作りを経て、ブラジル・リオの本番に臨みます。
皆様、どうぞこれからも応援してください!(衛藤)

2016.05.22-06.04 日本選手権に向けて3連戦!ヨーロッパ遠征(オランダ、スペイン)+鈴鹿

1戦目 AA Drink FBK Games(オランダ/5月22日)2m20cm(3位)

試合会場

チェコを拠点に調整練習

初戦はあいにくの雨。悪コンディションの中、自己ベスト2m30超の選手5人に対し、1つでも上の順位が取れるように粘りの試合をしてきました。

2戦目 XXIV Meeting Internacional d’Atletisme (スペイン/5月28日)2m21cm(3位)

試合会場

試合後、地元の人たちと

グランドコンディションが悪い中、記録を狙うのは難しい状況でしたが、1戦目より記録を伸ばすことができました。地元の人たちの片言の「タカシエトウ」に力をもらいました!!
ヨーロッパの2戦は記録的には満足いきませんでしたが、長時間のフライトや悪条件の中、心身共にタフになれた気がします。

3戦目 第4回鈴鹿市記録会(AGF鈴鹿(株)/6月4日)2m25cm(1位)シーズンBEST!!

2m29cm 3回目

AGF鈴鹿陸上競技場全体が手拍子で応援の中、リオ五輪参加記録の2m29cmへの挑戦は惜しくもクリアならず....。2m29の手応えはバッチリ掴みました。
日本選手権に向けての自信になりました。

日本陸上競技選手権大会 兼 オリンピック最終選考会

写真

日時:6月24日(金)~6月26日(日)

場所:パロマ瑞穂陸上競技場(愛知県)

テレビ放送:NHK総合
※走高跳は6月26日(日)16:00~18:00の予定

2016.05.03,05.08 AGFグループで応援!!『ゴールデンGP川崎』&『静岡国際陸上』

ゴールデンGP川崎』&『静岡国際陸上

5月3日(火)静岡県エコパスタジアムで行われた静岡国際陸上へAGF鈴鹿(株)24名が応援に馳せ参じ、さらに5月8日(日)には、AGFグループ社員、ご家族合わせて50名以上が川崎市等々力陸上競技場で開催されたゴールデンGP陸上の応援に行き、熱いエールを送りました!!五輪出場に向けて、6月24日-26日に名古屋のパロマ瑞穂スタジアムで行われる日本陸上選手権が最終選考の場となります。
みなさんの熱い応援をお願いします!(AGF鈴鹿(株) 総務Gr)

2016.02.18 第四十四回 三重県スポーツ賞 特別功労賞を受賞!

2/18(木)、2015年にスポーツで目覚しい活躍を見せた三重県ゆかりの選手・団体が三重県スポーツ賞として表彰されました。
そのなかで、昨年8月の世界選手権の出場、10月の和歌山国体での優勝を評価いただき、特別功労賞を受賞いたしました。(衛藤)

知事から表彰を受け、緊張しました。(衛藤)

リオデジャネイロ五輪出場を目指し、春からのシーズンに挑みます。
応援よろしくお願い致します!

2015.12.02 「AGF鈴鹿体育館」及び「AGF鈴鹿陸上競技場」誕生! ネーミングライツに関する基本合意書調印式

鈴鹿市マスコットベルディ、「ビーン太くん®」も参加!

鈴鹿市マスコットベルディ、「ビーン太くん®」も参加!

「AGF鈴鹿陸上競技場」「AGF鈴鹿体育館」

2018年インターハイ、2021年国体会場として
期待されています!

「AGF鈴鹿陸上競技場」「AGF鈴鹿体育館」

12/2(水)、鈴鹿市が募集していた市立体育館と石垣池公園陸上競技場の命名権(ネーミングライツ)をAGF鈴鹿(株)が取得し鈴鹿市役所で調印式が行われました。契約期間は来年4月から6年間契約金は施設の管理運営費などに充てられます。鈴鹿市の施設で命名権の運営を行うのは今回が初めてです。

末松市長は「市民サービス向上につなげていきたい」、石川専務は「鈴鹿での事業と地域貢献に尽力したい」とそれぞれ挨拶されました。

AGF鈴鹿(株)から自転車で3分のところにある石垣池公園陸上競技場は、幼いころから陸上のトレーニングをしてきた場所で、いつもAGF鈴鹿(株)のスプレードライ棟を眺めながら高跳びの練習をしています。(衛藤)

2015.10.03 シーズン最終戦 わかやま国体  三重県代表として優勝!

「真珠、神宮杉、伊勢エビ」をイメージした三重ユニホーム

真珠神宮杉伊勢エビ」を
イメージした三重ユニホーム

リオ五輪への抱負を述べました!

リオ五輪への抱負を述べました!

世界陸上から帰国後、調子が上がらず苦しい1ヵ月になりました。自己記録には届きませんでしたが、オリンピック前年の最終戦を優勝で終われたことは、大きなアピールになりました。

社会人1年目シーズンたくさんの声援をいただき、ありがとうございました!
次の試合は来年の4月です。オリンピックを見据えて冬期トレーニング頑張ります!(衛藤)

2015.08.22-08.30 北京オリンピックスタジアム「鳥の巣」 世界陸上のご報告

選手入場

選手入場

2m22cmクリア!

2m22cmクリア!

アミノバイタルゴールド補給

アミノバイタルゴールド補給

三重の高校から応援メッセージ

三重の高校から応援メッセージ

この度は、たくさんのご声援・サポートいただき、ありがとうございました。
初の世界陸上は“予選落ち”と悔しい結果に終わりましたが、“世界の舞台で戦う”とという素晴らしい経験ができました。2年後のロンドン大会では、もっと上のレベル=決勝で戦いたいと強く感じました。
来年のリオ五輪に向けて、新しくスタートを切りたいと思います。まずは、五輪参加標準の2m29cmをクリアしたいと思います。これからも、よろしくお願い致します。(衛藤)

2015.07.24 グループを挙げて世界陸上応援! 日本代表としてAGFグループの一員として気合を込めて!

AGF® 横山社長から激励

AGF® 横山社長から激励

2015.07.02-07.20 世界陸上に向けて、武者修行! ヨーロッパ遠征(アイルランド、ドイツ、ベルギー)

1戦目 Cork City Sports (アイルランド/7月7日) 2m15cm(2位)

1戦目 Cork City Sports

人生最北は、想像以上に寒く(15℃)、体が動きませんでした。ランキング通りの2位(優勝者の自己ベスト2m32、右から2人目)。まずまずのスタートでした。(衛藤)

2戦目 Zeulenroda Meetings (ドイツ/7月10日) 2m21cm(優勝、大会新)

2戦目 Zeulenroda Meetings

向かい風が強く、苦戦しました。その中で、大会新で優勝できたのは自信になりました。表彰ではドイツの人たちに「ブレンディ®」を宣伝してきました!(衛藤)

3戦目 KBC Night of Athletics (ベルギー/7月18日) 2m26cm(優勝)海外BEST !!

3戦目 KBC Night of Athletics

遠征最終戦を海外Best、優勝で飾ることができました。ナイトゲームで雰囲気が良く、続く2m29cm(自己新、リオ五輪参加標準)も惜しい跳躍でした。(衛藤)

2015.06.27 快挙!! 世界陸上日本代表に決定! 日本陸上競技選手権2位で「世界陸上の切符」を獲得!

惜しくも優勝に届きませんでしたが、今後に繋がる試合になりました。(衛藤)

2m26cmクリアの瞬間

2m26cmクリアの瞬間

2015.06.25 CBC(中部放送)テレビ「イッポウ」に登場! オフィスでの仕事ぶりと練習風景が取材されました。

写真

仕事場での衛藤さんの様子を先輩社員が語りました。「まじめな新入社員」の印象が伝わります!

写真

鈴鹿高専 陸上部の後輩に交じってウォーミングアップ!

写真

簡単に跳んでいるように見えるけれど、実に線密な計算がなされているのです。

2015.06.07 悪天候の中、2m24cmの好記録でアジア陸上競技選手権大会優勝!

アジア陸上競技選手権大会

2015年6月7日(日)中国・武漢で行われた「アジア陸上競技選手権大会」に日本代表として出場した衛藤さんが、見事優勝に輝きました。日本チームが獲得した4個の金メダルのうちの一つが、衛藤さんの「走り高跳び」によるものです。

2015.05.13, 05.10 静岡国際陸上、ゴールデングランプリ川崎 世界選手権参加標準記録、自己ベスト 2m28cm クリア!!

静岡国際陸上2015

(5月3日/エコパスタジアム)

静岡国際陸上2015

社会人全国デビュー戦を優勝、世界陸上参加標準記録突破という形で飾れたことを嬉しく思います。(衛藤)

ゴールデン
グランプリ川崎

(5月10日/等々力競技場)

ゴールデングランプリ川崎

2週連続で自己タイ記録の2m28cmクリア、日本人トップを果たせたのは良かったですが、自己記録を更新できなかったのは残念でした。(衛藤)