陸上競技のアスリート

PROFILE AGF鈴鹿(株) 総務グループ 衛藤 昂(えとう たかし)

衛藤 昂

2014年・2016年・2017年日本選手権優勝、自己ベスト2m30cm。
日本歴代5位タイ。1991年2月5日生まれ。
旭が丘小学校、白子中学校、鈴鹿高専から筑波大学大学院へ進学。
筑波の2年間を経て、2015年4月にAGF鈴鹿(株)へ入社、通勤は実家から自転車で10分。
リオデジャネイロ五輪、世界陸上(北京2015、ロンドン2017)日本代表。

陸上競技との出会い

写真

子供のころ自宅近くの国道23号線を走る全日本大学駅伝を見て、小学3年生から長距離走を始める。
小学校6年最後の市大会、初めての走り高跳びで優勝。
“いける!!”と思った。以来、走り高跳び一筋。

2018年

2018.01.14 第26回かめやま“江戸の道”シティマラソン @三重県亀山市

昨年に引き続きゲスト参加し、スターター、表彰プレゼンター、抽選会を務めさせていただきました。
路面凍結によりランナーの転倒が心配されましたが、晴天に恵まれ1,670名のランナーが“江戸の道=東海道”を駆け抜けました。(衛藤)

2018.01.12 2018年春季味の素グループ施策商談会 @ウエスティンナゴヤキャッスル

味の素グループが主催する春の新製品施策商談会に参加させていただきました。
味の素がトップアスリートにサポートしている“勝ち飯®”が「がんばれ部活生・夏バテ対策」へと展開されます。“三重の勝ち飯®”を広く宣伝できるよう私も貢献していきたいと思います。
また味の素AGFのブースでは新商品の試飲をサポートし、三重テレビより取材を受けました。(衛藤)