コーヒー大事典

コーヒー豆AtoZコーヒーのブレンド

生豆を火力で煎る焙煎作業

数種類の豆を混ぜ合わせるブレンド

コーヒーの産地により味、香りは違い、さらに同じ豆でも焙煎(ばいせん)を変えると味、香りは大きく変ってきます。よって、原料としてのコーヒーのフレーバー・バリエーションは非常に多くなります。これをたくみに組み合わせて商品に仕上げる大切な仕事がブレンドです。

ブレンドには大きく三つの目的があります。
1)各豆が持つ特徴、良さを引き出す。
2)全体としての、味、香りの調和をはかる。
3)飲む人の好みや飲用状況に合った商品に仕上げる。

たとえば、キリマンジャロコーヒーは、フローラルな甘い香りが強く、コクがありますが、酸味もかなり強いので、酸味が苦手な方にはくせが強すぎるという場合も。
このようなとき、ブラジルなどの豆とうまくブレンドすることで、キリマンジャロのフローラルな甘い香りとコクを生かしながら、酸味を抑え飲みやすいバランスのとれたコーヒーに仕上げるのです。

コーヒー・トリビア

ブレンドコーヒーとストレートコーヒーの違い

それぞれの豆の良さをいかしながら数種類の豆を混ぜ合わせるブレンド。このブレンドという過程を経たコーヒーがいわば「ブレンドコーヒー」です。2種類以上の豆の風味が調和されることで、ブレンドコーヒーでは1種類の豆では出せないまろやかな味わいを楽しめます。

反対に1種類の焙煎豆(ばいせんまめ)のみからなるコーヒーを「ストレートコーヒー」といいます。現在日本でストレートコーヒーとして飲用されているのは「ブルーマウンテン」「モカ」「キリマンジャロ」「マンデリン」などです。ストレートコーヒーは、1種類の豆だけを味わうことから、その豆の産地の独特の香りと味を思う存分楽しむことができます。