• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典コーヒーができるまでコーヒーの木を知っていますか? > コーヒーの生育条件

コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

コーヒーの木を知っていますか?コーヒーの生育条件

コーヒーの木は日差しが強すぎても育ちません。
コーヒーを育てる四つの条件とは?

コーヒーは育てるのが非常に難しい植物です。四つもの生育条件を満たした場所でないと育ってくれません。その四つの条件とは、雨、日当たり、温度、土質です。
まず、降雨量は、年間1800mm~2500mmと特別多くも少なくないところで大丈夫ですが、必ず必要なのが、成長期に雨が多く、収獲期に乾燥している、つまり雨季と乾季があるという環境です。
二つ目の条件は、日当たりです。コーヒーは、日光を好む植物にもかかわらず、日当たりが強すぎると元気がなくなってしまうのです。そのため、産地では、コーヒーの横に少し背の高い木を植えて、日差しを和らげることもあります。コーヒーのために日陰を作ってくれるこの背の高い木のことをシェイドツリーと呼びます。

三つ目の条件は、温度。温度は、高からず低からず年平均20℃という夏の避暑地のような過ごしやすいところでないとコーヒーは育ちません。コーヒーは灼熱の中で育つようなイメージがあったのではないでしょうか。

最後の条件は、土質です。土質は肥沃で、水はけが良いことが重要で、かつ少し酸性の土壌のほうがコーヒーにはいいようです。

では地球上でこの四つの条件を満たすことができる場所は一体どこなのでしょう。それは、赤道直下の南北回帰線<北緯、南緯それぞれ25度>に囲まれたエリア……。下の地図を見てください。ちょうど条件を満たすエリアがベルトのように地図上に位置していますね。これを「コーヒーベルト」と呼びます。ここがまさにコーヒー豆を生産できる地帯です。

地図からはかなり暑い国を連想しますが、ポイントは、山や高地であること。「暑いはずの地域にありながら高度が500m~2500mの高地」という環境が四つの条件を満たしてくれるのです。
そして、山の高いところで採れた豆ほどフレーバー質が優れています。これには、山の高いところでは、低いところに比べ、朝夜の日中の温度差が大きくなるという、一日の中での温度変化が深く関係しています。コーヒーは植物なので、大きな温度変化にさらされると体を守ろうとぎゅっと身を引き締めるのです。すると種も固くなり、この固い豆が良いコーヒー特性をもつようになるのです。

コーヒーベルト