コーヒー大事典

コーヒーの木を知っていますか?コーヒーの産地

産地をクリックすると説明のページにリンクします。
(一部対応していない産地がございます)

アメリカ大陸周辺の生産国

まず、南北アメリカ大陸とその周辺のコーヒー産地をみていきましょう。コーヒーの最大の生産国は南米ブラジルで、世界の約3分の1のコーヒーがここで採れます。ブラジルのサントス港から出荷される「ブラジル・サントス」は雑味のない香ばしい風味が特徴です。

世界第3位の生産国は中米のコロンビア。
「コロンビア」のやわらかい酸味を持つ豊かな風味は、バランスが良く、マイルドコーヒーの代表格です。この近くの中米諸国、グアテマラ、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコ、ペルーなどでもコロンビアに似た高品質なコーヒーがとれます。
カリブ海に浮かぶ島国、ジャマイカもコーヒーの産地。ブルーマウンテンと呼ばれる山があり、そこで収穫されたコーヒー豆が有名な「ブルーマウンテンコーヒー」です。
広大なアメリカ合衆国で唯一コーヒーを生産しているのが、ハワイ州のハワイ島。ここで採れるコーヒーは、爽やかで豊かな酸味と甘い香りが特徴です。

産地をクリックすると説明のページにリンクします。
(一部対応していない産地がございます)

アフリカ・アジアの生産国

アフリカ大陸へ目を向けてみましょう。まずコーヒー発祥の地、エチオピアはコーヒー生産国として重要な国です。ここで採れるコーヒーは「モカ」と呼ばれ、フルーツのような甘酸っぱい香りが特徴です。
南に下がって行くとタンザニアがあり、ここにあの有名なキリマンジャロ山がそびえ立っています。このすそ野でとれるのが「キリマンジャロコーヒー」。強い酸味、甘い香り、強いコクが特徴です。このキリマンジャロ山の南にあるのがケニアで、キリマンジャロコーヒーと同等の素晴らしい品質のコーヒーが採れます。
アジアの方へ行くと、インドネシアのスマトラ島が「マンデリンコーヒー」の生産国として有名です。独特の苦みと風味があり、なめらかな味と濃厚なコクが特徴です。
同じインドネシアのジャワ島では、「ジャワロブスタ」が有名です。インドネシアは世界第4位のコーヒー生産国です。では、2位はどこでしょう。答えはアジアのベトナム。ベトナムは近年著しい躍進を見せています。また、インドやパプアニューギニアも重要なコーヒーの産地として成長しつつあります。

日本国内でもコーヒー豆を生産

徳之島産コーヒー

鹿児島県奄美群島の徳之島は、年間平均気温が21.9℃と四季を通じ温暖多雨の亜熱帯性海洋気候で、日本国内でも数少ないコーヒー豆の生産ができる地域のひとつです。まだ、流通にのるほどの収穫はありませんが、台風被害や土壌の改善など様々な課題を抱えながら、おいしい国産豆コーヒーを目指して日々奮闘しています。

おいしい国産豆コーヒーをお客様のもとへ 徳之島コーヒー生産支援プロジェクト