• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむAGF®の研究開発AGF®のこだわりQ&A > 包装にはどんな環境配慮をしているの?

「おいしさの科学」AGF®の研究開発

AGF®のこだわりQ&A

Q.包装にはどんな環境配慮をしているの?

A.瓶を使い捨てにしない詰め替え用インスタントコーヒーや、分別リサイクルしやすいミシン目入りペットボトルラベルなど、AGF®では業界に先駆けた環境配慮型の包材開発に取り組んでいます。

最近では、廃棄後の燃焼時に炭酸ガスの発生が抑制できるよう、植物原料から作られたフィルムや、ペットボトルをリサイクルさせたフィルムをスティック、インスタントコーヒー、レギュラーコーヒーなどの包装袋に活用しています。また、管理された森林から得られた木材で生産されている紙(FSC認証紙)を、スティック、パーソナルレギュラーコーヒーの紙箱製品に採用しています。

  • 植物性プラでエコ
  • 再生プラでエコ
  • 間伐材でエコ

「ほっとするエコ」マーク

AGF®のこだわりQ&A

  • コーヒーの味のチェックってどうやっているのでしょうか?
  • コーヒーの味って、豆の種類で違うのですよね?
  • コーヒーの香りが大好きです。あの香りはどうやって生まれているんですか?
  • レギュラーコーヒーを淹れる時は、どんな水があいますか?
  • コーヒーのおいしさの決め手って何?
  • 包装にはどんな環境配慮をしているの?
「おいしさの科学」を追究する4つの部門
AGF®の研究開発とは