KEYWORD 3分でわかる味の素AGF

世界に笑顔を生み出す会社、味の素AGF。
そのビジョンやルーツから、商品ライン、
事業の特徴がすぐにわかる。

「ココロ」と「カラダ」の健康に貢献し、
「従業員もお客様も幸せになれる会社」へ

コーポレートスローガン
いつでも、ふぅ。AGFⓇ
AGF企業理念
AGF企業理念

コーヒーをはじめとする嗜好飲料と
ギフトを通じて、「ココロ」と「カラダ」の健康、
そして明日のよりよい生活に貢献します。

AGF企業理念
AGFビジョン
AGFビジョン

私たちは、一人ひとりのお客様に、いつでもどこでも、
最高のおいしさで一杯の価値を提供する
日本初の愛される嗜好飲料メーカーを目指します。

AGFビジョン
ASV(Ajinomoto Group Shared Value)
ASV(Ajinomoto Group Shared Value)

事業活動を通じて、社会価値(「ココロ」と「カラダ」の健康。
「人と人のつながり」、「地域環境との共生」)の創出に取り組みます。
3R( Rest 休息 / Relaxation やすらぎ / Refreshment 気分一新 )の提供

ASV(Ajinomoto Group Shared Value)
AGF LOGOAGF
AGFの歴史
1954

ゼネラルフーヅ株式会社設立。

1960's

1960年 『マックスウェル』インスタントコーヒー発売

1968年 「コーヒーギフト」発売
      日本のコーヒー文化の先駆けとなる。

1970's

1973年 味の素株式会社と米国ゼネラルフーヅ社との
    
合弁会社「味の素ゼネラルフーヅ株式会社」を
    
設立。

1973年 フリーズドライ製法などによる
     
本格派インスタントコーヒーを次々に投入。

 

1978年 家庭用レギュラーコーヒーに進出。

1980's

1988年 新しい概念である「ボトルコーヒー」発売

1990's

コーヒーを楽しむ事においてパーソナル化が進む。
1998年 チルドコーヒーカップ発売。

2000's

2001年  一杯用のドリップコーヒー発売

2002年 スティックタイプのコーヒー発売
     
紅茶、ココア、抹茶などへのフレーバー展開
     
で、さまざまな消費者のニーズに対応。

2010's

2015年 100%味の素グループ化となり、
     
「第二の創業」をスタート

 

2016年 味の素社のギフト事業を譲り受け、
     
ギフト事業を統合

 

2017年 社名を味の素AGF株式会社に変更。

数字で見るAGF
  • 売上

    0

    億円

    (2020年3月決算)

  • 従業員数

    0

    (※グループ会社を含む 1405⼈)

    (2020年4月1日現在)

  • 平均年齢

    00.0

  • 平均勤続年数

    00.0

  • 有給取得年平均

    00.0

  • 業界シェア
    (スティック市場)

    スティック市場

    0

    AGF

    0

    %

AGFの商品

1973年、味の素AGF株式会社は「生活者の嗜好ニーズを通じて、
コーヒー文化の創造と生活文化への寄与」をめざしてスタート。
変化し続ける「生活者の嗜好ニーズ」に応えるラインナップを追求し続けています。

コーポレートスローガン
AGF第二の創業

私たちは、2017年7月1日に新社名を
「味の素AGF株式会社[Ajinomoto AGF,INC.]」とし、新たな第一歩を踏み出し、
味の素グループのコーヒー‧粉末飲食事業の中核会社として、
高品質で高収益なスペシャリティ企業を目指しています。

AGF第二の創業

味の素社とのシナジーを最大化

AGFが味の素グループとともに事業強化を検討中である国‧地域

味の素グループがすでに「コーヒー・粉末飲料事業を展開している国」および、
新しい国・地域において、AGFの技術や商品開発力の活用を検討中。

味の素グループが、
コーヒー・粉末飲料事業を展開している国
味の素グループが、コーヒー・粉末飲料事業を展開している国
味の素グループが、コーヒー・粉末飲料事業を展開している国
強みの融合により
R&D最強シナジーを構築

強みの融合によりR&D最強シナジーを構築