• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム企業情報 > 沿革

HISTORY 沿革 〜AGF®の商品と歴史〜

〜1960's創業1954年~60年代

1954年、ゼネラルフーヅ株式会社設立。
1960年に「マックスウェル」インスタントコーヒー、1968年に「コーヒーギフト」を発売。
日本のコーヒー文化の先駆けとなりました。

出来事
1954
3月2日

「ゼネラルフーヅ」株式会社設立。

12月
兵庫県伊丹市に工場を竣工。
「バヤリース」オレンジ、グレープ原液を発売。
1960
12月

「マックスウェル」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

1968
10月

「ユーバン」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

「コーヒーギフト」を発売。

ギフト

1970's70年代

1973年、フリーズドライ製法などによる本格派インスタントコーヒーを次々に投入。
1974年、植物性のクリーミングパウダー「マリーム®」を発売。
1978年、家庭用レギュラーコーヒーに進出。

出来事
1970
11月
三重県鈴鹿市に鈴鹿工場を竣工。
1973
8月1日

味の素株式会社と米国ゼネラルフーヅ社との合弁会社
「味の素ゼネラルフーヅ株式会社」を設立。

1974
6月

「マリーム®」
クリーミングパウダーを発売。

クリーミングパウダー/クリーマー/
インスタントティー

1975
3月

「マキシム®」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

 

ギフト

1976
11月
鈴鹿工場にフリーズドライインスタントコーヒーの設備を新設。
1977
8月

「マックスウェル® ブレンディ」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

1978
2月

「マスターブレンド」
レギュラーコーヒーを発売。

レギュラー

6月

「マスターブレンド」
レギュラーコーヒーギフトセットを発売。

ギフト

1979
3月
三重県鈴鹿市に研究所を設立。

1980's80年代

「業務用レギュラーコーヒー」への進出、「スティックコーヒー」のギフト化などを通じて、さらなるコーヒー文化の浸透をめざす。
1988年、新しい概念である「ボトルコーヒー」を提案。家庭でコーヒーをアイスで気軽に楽しめるラインナップを整えました。

出来事
1982
4月

「業務用レギュラーコーヒー」を発売。

業務用

8月

「グランデージ」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

1984
 

「アソート ギフト」を発売

ギフト

1985
8月

「マキシム®」
レギュラーコーヒーを発売。

レギュラー

1986
10月

「ブレンディ®」
インスタントコーヒーを発売。

インスタント

1988
5月

「ブレンディ®」ボトルコーヒー、
「紅茶物語」ボトルティを発売。

リキッド

8月

「ベルパック(株)」(現AGF鈴鹿(株))を三重県鈴鹿市に設立。

「新茶人®」
インスタントティーを発売。

クリーミングパウダー/クリーマー/
インスタントティー

1989
4月

「新茶人®」

給茶機用製品を発売。

業務用

6月

「ブレンディ®」ボトルコーヒー、
「マキシム®」ボトルコーヒーのギフトセットを発売。

ギフト

8月

「ブレンディ®」
レギュラーコーヒーを発売。

レギュラー

1990's90年代

コーヒーを楽しむ事においてパーソナル化が進む。
1998年、チルドコーヒーカップを発売。

出来事
1991
4月
鈴鹿工場にペットボトルコーヒーの設備を新設。
10月
「エージーエフ エスピー(株)(AGF SP)」を設立。
1995
8月

真空パック入り「マキシム®」レギュラーコーヒー発売。

レギュラー

9月
「グリーンパック(株)」(現AGF関東(株))を群馬県新田郡尾島町(現太田市)に設立。
1996
3月
群馬県新田郡尾島町(現太田市)に尾島工場を竣工。
 

「アソート ギフト」を発売

ギフト

1998
4月

「ブレンディ®」
チルドカップコーヒーを発売。

リキッド

1999
2月

「ブレンディ®」
ボトルコーヒーカプチーノを発売。

リキッド

 

ギフト

2000's2000年代

2001年、一杯用のドリップコーヒーを発売。2002年には、簡単・手軽に本格的な味が楽しめるスティックタイプのコーヒーを発売。
紅茶、ココア、抹茶などへのフレーバー展開で、さまざまな消費者のニーズに対応。

出来事
2000
3月
尾島工場がISO9002を取得。
11月
鈴鹿工場がISO9002を認証取得。
2001
2月

「ブレンディ®」
レギュラー・コーヒードリップパックを発売。

レギュラー

3月
コーヒー残渣から「マンノオリゴ糖」を精製。整腸機能を解明。

「ブレンディ®」
ゲーブルパックアイスコーヒーを発売。

リキッド

4月

「マキシム®」
カフェメニュー(チルドカップ)を発売。

リキッド

7月
関連会社を含む全社でISO14001を認証取得。
2002
2月

「マキシム®」
レギュラー・コーヒー
ハンディドリップを発売。

レギュラー

「ブレンディ®」
ポーションコーヒーを発売。

リキッド

「ブレンディ®」
ミックスコーヒーカフェオレを発売。

スティック

3月

「マキシム®」
インスタントコーヒー袋入りを
発売。

インスタント

「マキシム®」
カフェメニュー(スティックタイプ)を発売。

スティック

5月

「マリーム®」
ポーションを発売。

クリーミングパウダー/クリーマー/
インスタントティー

10月

「ブレンディ®」
インスタントコーヒー袋入りを発売。

インスタント

2003
11月
全社でISO9001を認証取得。

「ブレンディ®」
スティック ミックス コーヒーを発売。

スティック

2004
5月

「ブレンディ®」
ゲーブルパックまろやかカフェオレを発売。

リキッド

2005
3月

「ブレンディ®」
コーヒーオリゴ糖入りミックスコーヒーを発売。

トクホ*飲料
*特定保健用食品

2006
4月
エージエフパック(株)をAGF鈴鹿(株)、グリーンパック(株)をAGF関東(株)に名称変更。

「マキシム®」
カフェメニュー 抹茶ラテを発売。

スティック

 

ギフト

2007
3月

「マキシム®」
レギュラー・コーヒー 「ちょっと贅沢な珈琲店®」を発売。

レギュラー

「マキシム®」
インスタント・コーヒー 「ちょっと贅沢な珈琲店®」を発売。

インスタント

2008
 

「スティックコーヒー ギフト」を発売

ギフト

2009
2月

「ブレンディ®」
プラスを発売。

トクホ*飲料

2010's2010年代

2013年、スティックフルーツティー「ティーハート」を発売し、スティック紅茶市場を活性化。飲料のパーソナル化が進む中、スティック、一杯どりのレギュラーコーヒーなどの市場が拡大。2014年、日本人の繊細な味覚に応える、日本ならではのコーヒースタイル「JapaNeeds Coffee®」を提案。日本の軟水にあった味わいを実現する「T2ACMI焙煎®」を採用する。
2015年、「日本のおいしい」を徹底的に科学することでできた、気高く繊細な香りが特長の日本人のためのコーヒー「煎」を発売。
2015年4月、100%味の素グループ化となり、「第二の創業」をスタート。2016年4月、味の素社のギフト事業を譲り受け、ギフト事業を統合。
2017年7月、社名を味の素AGF株式会社に変更。

出来事
2010
 

「ブレンディ®」
スティック ティー・オレを発売

スティック

2012
2月
「ブレンディ®」ボトルコーヒーに再生ペットボトル採用。
4月
AGF関東(株)、AGF鈴鹿(株)がFSSC22000を認証取得。
 

スティック

2013
2月

「マキシム®」
ちょっと贅沢な珈琲店
上乗せドリップを発売。

レギュラー

「マキシム®」
トリプレッソ
チルドカップを発売。

リキッド

「ブレンディ®」
スティック
「ティーハート」を発売。

スティック

「ブレンディ®」
スティック
ココア・オレを発売。

スティック

8月

「マキシム®」
トップグレード
ハイブリッドを発売。

インスタント

「マキシム®」
パティシーナ
スティックを発売。

スティック

2014
8月

「マキシム®」
トリプレッソ
ボトルコーヒーを発売。

リキッド

2015
2月

「ブレンディ®」

スティック ハロースムージーを発売。

スティック

業務用ブランド
「AGF® Professional」
誕生。

業務用

「マキシム®」
トリプレッソ
スティックを発売。

AGF®日本茶シリーズを発売。

スティック

4月
味の素グループ100%出資によるグループ会社化
 

「マキシム®」
ちょっと贅沢な珈琲店
アイスプレミアム ギフトを発売

ギフト

8月

「煎」
レギュラーコーヒーを発売。

レギュラー

2016
3月

「アシストウォーター®」を発売。

トクホ*飲料

4月
味の素社のギフト事業を譲り受け、ギフト事業を統合

ギフト

10月
味の素株式会社が「Blendy®」「MAXIM®」等AGF社製品の商標を買い取る。
2017
7月

社名を味の素AGF株式会社に変更。