• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホームお客様相談室 > お客様の声を形にしました

お客様の声を形にしました

アイスのおいしい飲み方の記載内容を、より分かりやすい内容にしました。

お客様の声

  • アイスでつくる時、水に粉が溶けきらないことがあります。

改善内容

氷を入れてお飲みいただく際は、氷を先に入れた冷水の状態では十分に溶けきらない場合があります。
そのため、氷は後で入れていただくよう、「水を注ぎ、よくかきまぜます。お好みで氷を入れ、冷たくしてお召し上がりください。」と記載を変更しました。

スティックタイプの商品パッケージに、外部からの熱による固化について記載しました。

お客様の声

  • スティックの中の粉が固まっています。

改善内容

オーブンなどの近くで保管すると中身の粉が熱によって固まってしまうため、「オーブンの上など高温になる場所に保管すると、熱により中身の粉が固まる恐れがあります。」と記載しました。

ボトルコーヒーのパッケージに、開封後のお取扱い上の注意を記載しました。

お客様の声

  • 商品にカビが生えています。

改善内容

開封後、長時間経過すると内部にカビが生えてしまう場合があります。そのため、開封後のお取扱い上の注意を記載しました。

ボトルコーヒーのパッケージに、容器が緑色に見える場合があることを記載しました。

お客様の声

  • ペットボトルの底が緑色に見えるのですが、中身の液体に何か入っているのですか。

改善内容

容器の形状によって、容器が緑色に見える場合があるため、安心してお飲みいただけるよう「容器が緑色に見える場合がありますが、形状によるもので、品質には問題ありません。」と記載しました。

大容量サイズ(30本入・21本入)のスティック商品の外箱デザインを、裏から開けるタイプにしました。

お客様の声

  • 中身のスティックが切れています。

改善内容

外箱をスティックスタンドとしてご使用いただく際、刃物で外箱を開封することで中身のスティックを傷つけてしまう場合があります。
そこで、刃物を使わずに外箱をスティックスタンドとしてご使用いただけるよう、外箱の開封仕様を、天面開封から背面開封にしました。

『AGF®「ちょっと贅沢な珈琲店®」ドリップコーヒーギフト』のドリッパーの持ち手部分に「開封口」を表示しました。

お客様の声

  • カップにセットする際、ドリッパーが破れてしまいます。

改善内容

ドリッパーの開封方法が分かりづらく、開封する際に破れてしまうというお声をいただきました。いただいたお声を基に、ドリッパーの持ち手や開封部分を分かりやすくするため、ドリッパーの持ち手部分に「開封口」を表示しました。

インスタントコーヒーのパッケージに、粉が固まることを防ぐためのお取扱い上の注意を記載しました。

お客様の声

  • 粉が固まってしまいます。

改善内容

水分の影響で中身の粉が固まってしまうため、保存時の注意と、お取扱い上の注意を記載しました。

インスタントコーヒーのパッケージを、レギュラーコーヒーと見分けやすいデザインにしました。

お客様の声

  • レギュラーコーヒーのパッケージと似ていて、違いが分かりません。

改善内容

インスタントコーヒーであることがひと目で分かるようにするためパッケージを瓶デザインにしていましたが、さらにパッケージの「インスタントコーヒー」の表示を大きくして、コーヒー豆のデザインを廃止しました。

ダンボールの「カッター使用不可」の注意表示を分かりやすくしました。

お客様の声

  • 商品の一部が切れています。

改善内容

カッターを使用してダンボールを開封すると、中身の商品を傷つけてしまう場合があります。
そこで、ダンボールの天面に「カッター使用不可(商品を破損する恐れがあります)」と表示し、開封時はカットテープをご使用いただくよう4側面に「カットテープ付き」と表示し、開封口の場所を示す矢印(「OPEN」と表示した矢印)を長側面に表示しました。