教育制度と人材育成 教育制度と人材育成

人事理念

人と組織の成長が会社の成長に繋がる 企業は社員を育成する義務がある⇔社員は自ら成長する責任がある 人と組織の成長が会社の成長に繋がる 企業は社員を育成する義務がある⇔社員は自ら成長する責任がある

私達は「人と組織の成長が会社の成長に繋がる」ことを人事理念としています。

会社は個性の異なるたくさんの人間の集まりです。
一人ひとりの長所を互いに認め、磨き、足りないところは、能力を持っている仲間と協働していくことで補っていく。これを繰り返して、強い個とその集まりであるチームを強くしていくことが、限りない会社の成長に繋がっていくと考えています。

人材開発

AGF人材育成体系 人と組織の成長が会社の成長に繋がる AGF人材育成体系 人と組織の成長が会社の成長に繋がる

AGFでは人材を3つの施策で育成していきます。

01 OJT AGF独自の目標管理制度JBO(上司と部下の心からやりたい目標管理制度)で年間の目標とその実行計画を作り上げ目標達成に向けてPDCAを回していくことで、日々の業務のなかで人材育成を図っています

01 OJT AGF独自の目標管理制度JBO(上司と部下の心からやりたい目標管理制度)で年間の目標とその実行計画を作り上げ目標達成に向けてPDCAを回していくことで、日々の業務のなかで人材育成を図っています

02 OFF-JT OJTの質を上げ、円滑に進めるための気づきを掴んでもらうために各種プログラムが存在します。それぞれの階層ごとに、AGFマンならではの「思い、信念」を自問自答し人を動かす熱い心を醸成することを目的とした「リーダーシップ力育成プログラム」組織を通して成果をだしていくために必要な様々なスキルを学ぶ「マネジメント力育成プログラム」以上2つのカテゴリーに分けられており、多くの社員に学びの場を提供しています。

02 OFF-JT OJTの質を上げ、円滑に進めるための気づきを掴んでもらうために各種プログラムが存在します。それぞれの階層ごとに、AGFマンならではの「思い、信念」を自問自答し人を動かす熱い心を醸成することを目的とした「リーダーシップ力育成プログラム」組織を通して成果をだしていくために必要な様々なスキルを学ぶ「マネジメント力育成プログラム」以上2つのカテゴリーに分けられており、多くの社員に学びの場を提供しています。

03 ローテーション 計画的なジョブローテーションで複数の職種を経験することで幅広い視野を身につけていくことができるものと考えています。1年に1回、自己申告をする制度があり、本人のキャリア形成プランをベースに上司及び人事で適正を客観的に判断、現在のニーズと照らしあわせながらローテーションが決まっていきます。

03 ローテーション 計画的なジョブローテーションで複数の職種を経験することで幅広い視野を身につけていくことができるものと考えています。1年に1回、自己申告をする制度があり、本人のキャリア形成プランをベースに上司及び人事で適正を客観的に判断、現在のニーズと照らしあわせながらローテーションが決まっていきます。

目標管理制度
(JBO)
AGFではJBO(上司と部下の心からやりたい目標管理制度)と呼んでいます。現場で直面する課題をいかに解決して目標を達成してゆくのかをOJTを通して上司と共有し、常にその進捗を追いかけながら実戦的に能力アップを図るまさに業務を通じた人材育成を徹底するツールです。
育成計画書
(JBI)
上司は、部下の現状を踏まえ、年間の育成方針および育成計画を作成します。これをAGFでは、JBI(上司と部下の心からやりたい育成計画書)と呼んでおり、それぞれの成長課題を明確にし、部下との間で共有化・支援していくための人材育成のツールとして活用しています。
コーヒー知識・
スキル研修
必須の専門教育として各種プログラムを用意しています。入社すると必ず「AGFコーヒー学習冊子」が配布され、社員は年1回実施される「AGFコーヒー検定」合格へ向けて日頃から、コーヒーに関する興味・関心をベースに学習に努めています。その他、研究所での体験型スキル研修なども受講することができます。
自己申告制度
(キャリア棚卸、
自己開発項目明確化)
一人ひとりが組織の中でどのようなキャリアを形成していきたいかというビジョンを描き自己申告を行います。個人と組織が共通の認識を持つことで、個人のキャリア形成に役立たせます。
社内勉強会 社内勉強会(出前講座)では、社内専門性の高い部門から受講希望部門へ講師を派遣し、各部門内に蓄積されている専門知識の全社共有化を図ります。同時に、部門間のコミュニケーションや講師のコミュニケーション力強化・向上に繋げます。
教育訓練
プログラム
大学の学術研究センター、コンサルタント会社等からの新しい知見を取り入れ、毎年、更新しています。

~2016年度プログラム~
各種階層別研修 (新任マネージャー育成研修、他) 新入社員研修 (入社時、フォローアップ研修、味の素グループ研修) 世話役研修 3年目研修 ヒューマンスキル研修 (コーチング研修、他) 選択型スキル研修 (タイムマネジメント研修、ロジカルシンキング研修、他) コーヒー知識・スキル研修 (AGFコーヒー検定、体験型コーヒースキル研修) 部門別プロフェッショナルスキル研修 (若手営業研修、マーケティング研修、他)
社外セミナー受講
(ビジネススクール
通学)援助
社外における様々な「学びの場」を経験することを推奨しています。
多くのビジネスパーソンとの他流試合を経験することでインハウス(社内)の研修では習得しづらい、様々な価値観・考え方を吸収し、視野を広げ、AGFにおけるビジネスに活かしてもらいたいと考えます。