コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

コーヒーと時間のおいしい関係モーニングタイムに

  • さわやかな朝、頭と体をすっきり目ざめさせるためのコーヒーは、なんと言ってもミルクがたっぷり入ったカフェ・オレがおすすめです。カフェ・オレのおだやかな味わいで、ゆっくりと体を目覚めさせていく、そんなゆとりの朝はいかがですか?

    カフェ・オレは、熱いコーヒーと温めたミルクを同じ量ずつ合わせたものです。パリのカフェなどでは、目の前で、コーヒーとミルクを同時にそそぐところを見せてくれることも。フランスでは、カフェ・オレ・ボールといって、持ち手のない、抹茶茶わんようなカフェ・オレ専用のカップで飲むのが普通です。コーヒーにたっぷりのミルクを注ぐから、カップも大きめが必要なのですね。

    日本でも最近はカフェ・オレ・ボールが人気ですが、厚手で安定感のある大きなマグカップもカフェ・オレには似合います。どちらにしてもお気に入りのカップで、朝の一杯を味わいましょう。

    コーヒーとミルクの割合は、正式には同じ量ずつですが、あまりこだわらずに自分だけのお気に入りの割合を見つけてください。コーヒーにミルクを少し加える程度のカフェ・オレから、ミルクにコーヒーの風味をちょっとつけるくらいのクリーミーなカフェ・オレまで、カフェ・オレの味もいろいろです。おいしいカフェ・オレを作るポイントは、ミルクが入ることを考えて、コーヒーを少し濃い目にすること。砂糖は好みで入れましょう。

    暑いときには、冷たいカフェ・オレもおすすめです。アイスコーヒーに冷たいミルクを加えたアイス・カフェ・オレは、夏の朝をさわやかに演出してくれます。

  • モーニングタイムに