いつでも、ふぅ。AGF®

  • English
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

コーヒー大事典

コーヒー豆AtoZ5.コーヒー豆の種類

  • コーヒーの焙煎

  • 生産地により風味の違う豆

    原産地エチオピアから広がり、今では世界60数カ国で生産されているコーヒー。
    北緯25度から赤道をはさんで南緯25度、すなわち北回帰線と南回帰線の間のコーヒーベルトと呼ばれる地域で栽培されています。 そして世界60数カ国、それぞれの土地の気候、風土にあった栽培法がとられており、生産地によって、形、味、香りなどが微妙に違い、とても個性的です。コーヒーの魅力は、この数多いユニークな風味を楽しめることにもあるようです。

品種名 産地・特徴
メキシコ メキシコ産
酸味と香りがともに適度で、やわらかい上品な味が特徴的です。
グァテマラ グァテマラ産
甘い香り、上品な酸味、芳醇な風味があります。
ブルーマウンテン ジャマイカ産
すべてのコーヒーの良さをあわせ持つと言われる、バランスの良いコーヒーです。
クリスタルマウンテン キューバ産
酸味と苦みのバランスがとれた上品な味が人気で、最高級品と言われています。
コスタリカ コスタリカ産
芳醇な香りと適度な酸味が混ざりあい、上品な味がします。
コロンビア コロンビア産
甘い香りとまるい酸味と、まろやかなコクがあります。
ベネズエラ ベネズエラ産
軽い酸味とやや独特の苦み、そして適度な香りがあります。
ブラジル・サントス ブラジル産
中庸な味、香りが高く適度な酸味と苦味があります。
ハワイ・コナ ハワイ産
強い酸味と甘い香りがあります。
モカ イエメン・エチオピア産
フルーツのような甘酸っぱい香りと、まろやかな酸味とコクがあります。
ケニア ケニア産
強い酸味が大きな特徴。キレがあり、後味もすっきりしています。
キリマンジャロ タンザニア産
強い酸味と甘い香りと豊かなコクがあります。
マンデリン インドネシア産
コクのあるやわらかな苦味と、上品な風味があります。