• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム > 陸上競技のアスリート

陸上競技のアスリート AGFグループに素晴らしい記録を出し続けているハイジャンパーがいる事をご存じでしょうか?鈴鹿生まれ・鈴鹿育ち・鈴鹿が生んだローカルヒーロー。

ホーム > 陸上競技のアスリート

陸上競技のアスリート

ホーム > 陸上競技のアスリート

陸上競技のアスリート

陸上競技のアスリート

PROFILE AGF鈴鹿(株) 総務グループ 衛藤 昂(えとう たかし)

衛藤 昂

2014年・2016年・2017年・2018年日本選手権優勝、自己ベスト2m30cm。
日本歴代5位タイ。1991年2月5日生まれ。
旭が丘小学校、白子中学校、鈴鹿高専から筑波大学大学院へ進学。
筑波の2年間を経て、2015年4月にAGF鈴鹿(株)へ入社、通勤は実家から自転車で10分。
リオ五輪2016、世界陸上(北京2015、ロンドン2017、ドーハ2019)、アジア大会(仁川2014、ジャカルタ2018)日本代表。

陸上競技との出会い

子供のころ自宅近くの国道23号線を走る全日本大学駅伝を見て、小学3年生から長距離走を始める。
小学校6年最後の市大会、初めての走り高跳びで優勝。
“いける!!”と思った。以来、走り高跳び一筋。

2020年

2020.02.19 令和元年度(公財)三重県体育協会表彰式 @津市センターパレスホール

2019年シーズンの世界選手権およびアジア選手権の成績を評価いただき、優秀選手賞を授与いただきました。(衛藤)

2020.02.15 第19回 味の素オープンファクトリー @味の素(株)東海事業所

味の素(株)東海事業所にてオープンファクトリーが開催され、食堂と見学ホールを会場に味の素グループ商品の紹介や試食が行われました。今年はオリンピックイヤーとして、走り高跳びとボッチャの体験コーナーが設置され、体験とトークショーで競技の魅力を体感いただきました。(衛藤)