サステナブルチャレンジ
次世代の地球と人のために

地球温暖化、生物の絶滅、森林の減少など、人間の活動による地球環境への負担が大きくなっています。
AGFグループは、それらの課題と向き合い、地球環境との調和、サステナブル?な社会への貢献に取り組んでいます。

Sustainable

「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。

環境保全活動を支える仕組み

環境に関するグループポリシー

私たちは、社会とお客様とともに地球との共生に貢献し、持続可能な『循環型社会』を実現します。

  1. 1
    私たちは、製品ライフサイクル全体から排出される温室効果ガスを地球が吸収可能な範囲に抑え、低炭素社会へ貢献します。
  2. 2
    私たちは、次世代のための食資源の確保と生態系・生物多様性を含む⾃然環境の保全、水資源の保全に貢献します。
  3. 3
    私たちは、製品ライフサイクル全体から排出される廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を適切に行い、資源を活かしきる取り組みを進めます。
  4. 4
    私たちは、関係法令等を順守します。
  5. 5
    私たちは、環境マネジメントシステムの考え方を基本として、環境トラブルの防止を図るとともに、環境改善の取り組みを進めます。

2019年7月1日
味の素AGF株式会社

環境マネジメントシステム

AGFグループは、2001年に、生産関係会社(AGF鈴鹿(株)、AGF関東(株))を含むグループ全体でISO14001の認証を一括取得しました。そして、この仕組みを活用した環境マネジメントシステム(EMS)をAGFグループ全体のバリューチェーンシステムと連携させて運用しています。
2006年から、環境に関するISO14001と品質に関するISO9001のマネジメントシステムを統合した「安全・品質・環境規程」に従って、四半期毎の「安全・品質・環境委員会」が中心となって運営しています。また、ISO14001の規格にのっとり、部門毎の内部監査を年1回、審査機関による外部審査を年1回、定期的に実施することにより、EMSが各部門で効果的に運用されているかをチェックし、「昨日より今日、今日より明日へ」と日々改善の活動に取り組んでいます。

AGFグループの安全・品質・環境 運営組織体制