• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむAGF®の研究開発AGF®のこだわりQ&A > レギュラーコーヒーを淹れる時は、どんな水があいますか?

「おいしさの科学」AGF®の研究開発

AGF®のこだわりQ&A

Q.レギュラーコーヒーを淹れる時は、
どんな水があいますか?

A.繊細な味や香りを楽しむ場合は、軟水を用いるのが
好ましいです。日本人にあう香りが高くコクがあって
すっきりした味わいを楽しめます。

水には軟水、硬水があります。1Lに溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といい、
日本では一般的に100mg/l以下が軟水になります。(WHO基準は硬度が120mg/l以下が「軟水」)
日本の水はほとんどが軟水です。

レギュラーコーヒーを抽出する際、抽出水の硬度が高くなるにつれて、苦味やえぐ味が強くなり、香り立ちが弱くなり、柔らかな味わいが弱くなります。
よって、軟水(日本の水)でドリップすれば、日本人に合う繊細な味わいや香りが楽しめることになるのです。
尚、エスプレッソコーヒーにように欧州で味わえるようなストロングで切れのあるコーヒーを楽しむためには、硬水があうと思われます。

「科学の力で“おいしい”を明らかにする。」
ジャパニーズコーヒーの話をしよう。

水の硬度によるコーヒーの違い

AGF®のこだわりQ&A

  • コーヒーの味のチェックってどうやっているのでしょうか?
  • コーヒーの味って、豆の種類で違うのですよね?
  • コーヒーの香りが大好きです。あの香りはどうやって生まれているんですか?
  • レギュラーコーヒーを淹れる時は、どんな水があいますか?
  • コーヒーのおいしさの決め手って何?
  • 包装にはどんな環境配慮をしているの?
「おいしさの科学」を追究する4つの部門
AGF®の研究開発とは