• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典 > 日本で喫茶店が次々開店

コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

1901-1970年日本で喫茶店が次々開店

日本で喫茶店が次々開店

日本で初めての本格的な喫茶店は、1888<明治21>年に東京下谷黒門町に開業した「可否茶館」でした。その後、浅草や大阪などにも喫茶店ができはじめ、1911年には、銀座に「カフェ・プランタン」「カフェーパウリスタ」「カフェライオン」の三つの有名な喫茶店が次々オープンします。当時はハイカラな文化人たちが文学や芸術、西欧の思想などを論じる社交場として栄えました。このころから日本でもコーヒーが広く人々に愛されるようになりました。

コーヒー歴史年表

1908 ドイツのメリタ・ベンツ夫人がペーパードリップ方式を考案。
1911 東京銀座に洋画家松山省三の「カフェ・プランタン」、水野龍の「カフェーパウリスタ」、「カフェライオン」<精養軒>が開店。
1938 戦時体制の強化で輸入規制、コーヒー豆の輸入量は前年の半分に。
1945 コーヒー豆不足が5年後の輸入再開まで続き、コーヒー豆は貴重品に。
1950 コーヒー豆の輸入が再開。
1956 インスタントコーヒーが初めて輸入許可、国産のエスプレッソマシンが初登場。
1960 コーヒー豆の輸入が全面自由化。国内メーカーがインスタントコーヒーの製造を開始。
1961 インスタントコーヒーの輸入が全面自由化。インスタントコーヒーブームがスタート。
1962 第一次国際コーヒー協定<ICA>設立

コーヒー・トリビア

ブルーマウンテンは日本でだけ人気者!?
ブルマンは日本でだけ人気者!?

ブルーマウンテンというと、高級コーヒー豆というイメージではないでしょうか。通称ブルマンは、カリブ海に浮かぶジャマイカ島産のコーヒーですが、日本では、通常のコーヒー豆よりもかなり高い値段で売られています。

ところが、日本以外ではブルマンはそれほど人気がありません。そして、驚くべきことに、ジャマイカ産のコーヒーの95%は、日本に輸出されているのです。
では、なぜ日本だけ「ブルマンは高級」という「ブルマン神話」ができあがったのでしょう。

実は、これには売る側のある作戦があったのです。ブルマンが初めて日本に入荷されたのは昭和12年ごろ。量はわずかであるにもかかわらず高額な取引だったため、高い値段で売ろうと苦肉の策で考えだされたのが、「英国王室御用達」というキャッチフレーズです。
当時ジャマイカは英領だったため、「多分王室も飲んでいるだろう」という勝手な推測で、いわばはったりの宣伝文句が考え出されました。
作戦は大成功し、当時ブルマンは売れに売れたそうです。