コーヒー大事典

1970年から現在日本は世界有数のコーヒー輸入国へ

1960年代の日本は、インスタントコーヒー及びコーヒー生豆の輸入の自由化により、第一次コーヒーブーム(ファーストウェーブ)が訪れました。コーヒーが大量消費され日本人にとってコーヒーが身近になった時代です。その後、1965年~1983年の喫茶店ブームが到来し、様々な形態の喫茶店が登場しました。アメリカで起こったサードウェーブのお手本になったのが、当時の日本の喫茶店だと言われています。日本では1995年頃から第二次コーヒーブーム(セカンドウェーブ)が始まります。シアトル系のコーヒーチェーンが開いたカフェスタイルのお店で、カフェラテなどのアレンジメニューが紹介されたのもこの時代です。その後、2013年頃から「厳選した素材で一杯ずつ丁寧に淹れる」こだわりの第三次コーヒーブーム(サードウェーブ)に入り現在に至ります。一方でコンビニエンスストアのカウンターコーヒーやハンバーガーチェーンのコーヒーは、品質にこだわった「安くておいしいコーヒー」を開発した結果、現在も大ヒットしています。

日本は世界的なコーヒー消費国となり、コーヒー生豆輸入量は、EU(European Union)、アメリカ合衆国に次いで世界第3位です。2019年度のコーヒー輸入量(生豆換算計)は約48万トンでした。

出典元:全日本コーヒー協会統計資料

コーヒー歴史年表

1970 インスタントコーヒーの年間消費量が1万2000トンを突破。
1980 全日本コーヒー協会が任意団体から社団法人化され、農林水産大臣の認可を受ける。
1983 全日本コーヒー協会は、10月1日をコーヒーの日と定める。
2002 コーヒー豆の年間輸入量が40万トンを突破。
2013 コーヒー豆の年間輸入量が50万トンを突破。
2014 日本が世界第3位のコーヒー豆輸入国となる。
2015 国際コーヒー機構(ICO)が10月1日を「世界コーヒーの日」と認定。
~2019現在 国内のコーヒー消費量は高水準を維持。
また、世界のコーヒー消費量も増加傾向にある中、将来のコーヒー生産に対する危機意識が高まり、サスティナブルなコーヒー生産に向けたコーヒー生産地支援の取り組みが進む。

コーヒー・トリビア

アポロ13号の危機を救ったコーヒー

1961年、人類は月面に着陸するという歴史的な瞬間を迎えました。この偉業を達成したのがアポロ11号です。ニール・アームストロング船長の「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」という言葉がとても有名です。この後も1972年までNASAは計6回、月へ向かって宇宙船を送り続けますが、その中でも、アポロ13号は、その事故のため、人々の記憶の中に鮮明に残っています。
このアポロ13号の事故に、実はコーヒーの逸話が隠されているのをご存じでしょうか?

1970年4月13日、アポロ13号の酸素タンクに突然破裂が生じます。思ってもいなかった事態の発生でした。一分でも一秒でも長くエネルギーを保って、無事地球に帰還するため、電気は切られ、船内は氷点下近くまで下がります。水の飲用も限界まで控えられました。
ヒューストンのすべてのスタッフとアポロ13号乗組員は、絶望的な状況の中、希望を捨てずにあらゆる試練と戦い続けます。そしてこのとき、もはや生きて地球へは帰れないかもしれないという不安の中、乗組員たちは、何度も何度もヒューストンからのある激励メッセージを受け取ります。

「こちらヒューストン。がんばれ乗組員の諸君! 君たちは今、熱いコーヒーへの道を歩いているのだ!」「熱いコーヒー」という魔法の言葉は、何度もくじけそうになる乗組員たちの心を力づけ、そして支えつづけたのです。
アポロ13号は奇跡的に無事地球へ生還しました。月面着陸はできなかったものの、絶望的な状況の中でも困難に打ち勝ち無事地球へ帰ってきた偉業をたたえられ、「成功した失敗」とも言われています。帰還後、家にたどり着いた宇宙飛行士たちは、熱いコーヒーをどんな気持ちで飲んだのでしょうか?