• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典コーヒーの歴史 > コーヒーの種子が大供給地ブラジルに渡る

コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

1701-1900年コーヒーの種子が大供給地ブラジルに渡る

コーヒーの種子が大供給地ブラジルに渡る

17世紀、欧州国の植民地活動が活発になるとともに、コーヒーの木も世界各地へ運ばれていきました。そして18世紀初頭に、いよいよ大供給地ブラジルには種子と苗木がわたり生産が始まります。
1804年、初めてコーヒーを飲んだ日本人が登場します。しかし「焦げ臭くて味わうに堪えない」と記しており、まだこのときはコーヒーのおいしさに気付けなかったようです。

コーヒー歴史年表

1706 ジャワ島からアムステルダム植物園へコーヒーの木が持ち込まれる。この木の種子が元になって、世界各地へコーヒーが伝播することとなる。
1714 アムステルダム市長からパリのマルリー城のルイ14世へコーヒーの木が送られる。<このコーヒーの木が植物園で育てられる>
コーヒーの木がパリからレユニオン島等のアフリカ西海岸諸国へ渡る。
1723 フランスのガブリエ・マチュ‐クリュー歩兵大尉が本国に一時帰省した帰りに、パリ植物園のコーヒーの苗木をマルティニク島<カリブ海>に持ち込む。<コーヒーの木がアメリカ新大陸へ入り、のちに大供給地となっていく>
1724 オランダ人による、西洋テーブル・マナーの講義をまとめた「和蘭問答」の中に、コーヒーと思われる記述がある。
1727 ブラジル<アマゾン河口のポルトガル領パラ>にコーヒーの種子と苗木が入り生産が開始される。
1734 バッハが「コーヒー・カンタータ」を発表しカフェで初演。自ら指揮棒をふる。
1744 イギリスのトーマス・フライがボン・チャイナを発明。<ウェッジ・ウッド等の発展の元となる>
1800 フランスのド・ベロイがドリップポットを発明。コーヒーを濾過して飲む方法の始まり。
1804 日本人として、初めてコーヒーを飲んだ大田蜀山人は「コーヒーは焦げ臭くて味わうにたえない」と書いている。
1821 ネルドリップ方式がイギリスに現れる。
1826 医師シーボルトは、コーヒーは長寿をもたらす良薬であると「薬品応手録」でコーヒーをすすめた。
1840 イギリスでコーヒーのサイフォン式抽出機(ちゅうしゅつき)が発明される。
1858 日米修好通商条約締結。コーヒーやその原料のコーヒー豆が正式に輸入できるようになる。
1869 横浜で発行の邦字新聞「萬刻」に、初めてコーヒーの広告が掲載。
1888 東京下谷黒門町で鄭永慶(ていえいけい)が初めて豪華なヨーロッパ風カフェ「可否茶館」を開店したが、4年後には閉鎖。
1899 加藤サトリ氏がインスタントコーヒーを発明。2年後全米博覧会で展示する。
しかし、アメリカ人ジョージワシントンが別の方法で特許を得てインスタントコーヒーの生産を開始した。<以後、工業化へと発展>

コーヒー・トリビア

インスタントコーヒーを発明したのは日本人だった!
インスタントコーヒーを発明したのは日本人だった!

今日ではすっかりおなじみのインスタントコーヒーですが、実は日本人が発明したことは、あまり知られていません。

1899年、アメリカに在住していた化学者加藤サトリ氏は緑茶のインスタント化を研究していました。その研究過程で、真空乾燥法によるインスタントコーヒーを発明。しかし、残念なことに当時の日本ではコーヒーが普及していなかったため、シカゴに加藤商会を設立。1901年のパンアメリカン博覧会に出品しました。