コーヒー大事典

コーヒーと時間のおいしい関係ディナータイムに

夕食後は、ちょっと濃い目のコーヒーがおすすめ。和食の場合、こく入れた玄米茶やほうじ茶を夕食後に飲むのが一般的で、和菓子などにそえる煎茶とは区別しています。同じように、コーヒーなら、香り高く、豊かな味わいの濃い目のコーヒーで食事をしめくくりましょう。

コーヒーを濃くいれるのは、油っぽい料理や臭いのある料理を食べたあとの口を、さっぱりとさせるためと、胃液の分泌をうながして消化を助けるためです。

濃いコーヒーは、デミタスと呼ぶ、小さなコーヒーカップで飲むのが正式。レギュラーと比較すると、濃さを倍にして、量を半分にするのがおすすめしたい食後のコーヒーです。甘いデザートやフルーツを一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。リキュールのきいたチョコレートなどをつまみながらコーヒーを飲むのも、格別です。大人の方なら、食後のコーヒーとブランデーはとても良く合います。ぜひおためしください。