• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典コーヒータイムを楽しむにはもっとおいしくなるコーヒーのいれ方コーヒー器具事情 > 水出しコーヒー(ダッチコーヒー)

コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

もっとおいしくなるコーヒーのいれ方コーヒー器具事情

コーヒーのいれ方にはちょっとこだわりがある・・・・・・そんな方が増えてきました。
コーヒーを抽出(ちゅうしゅつ)する器具も、現在はさまざまなものが手に入ります。
こちらでは今人気のコーヒー器具事情をお伝えします。
もしかしたら、新しいコーヒー器具との出会いが、新しい一杯との出会いになるかもしれません。

水出しコーヒー(ダッチコーヒー)

通常コーヒーはお湯で抽出しますが、この器具は水で時間をかけてゆっくりと抽出します。上部に水を入れると、そこから下のコーヒーに1分間に1滴ほどの非常にゆっくりとしたぺースで水が落とされていきます。器具にもよりますが、おおよそ4人分ができあがるのに、8時間以上はかかります。

普通の抽出との違いはコーヒーに熱を加えないということ。加熱しないことによって、コーヒー本来の香りやコクだけを抽出し、雑味や苦みを抑える効果があると言われています。

少し苦みの強い、深煎り(ふかいり)のコーヒーが水出しコーヒーにはおすすめです。

コーヒー・トリビア

ダッチコーヒーはオランダで飲まれている?

ダッチコーヒーと呼ばれていることからも分かるように、この抽出法はオランダ人によって考え出されました。しかし、場所はオランダではなく、インドネシアです。
17世紀オランダは東インド会社を設立し、世界中に進出していました。当時、インドネシアもオランダ領だったのですが、インドネシアのコーヒーは非常に苦みが強く、オランダ人の口には合わなかったのです。そこで、その苦みを軽減するために、考え出されたのがダッチコーヒー<水出しコーヒ->です。

オランダでいつも飲まれているコーヒーというわけでもありません。インドネシアでオランダ人が考え出したコーヒーの抽出法だから、この名前で呼ばれているのです。