• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
menu

ホーム知る・楽しむコーヒー大事典コーヒータイムを楽しむにはコーヒーのちょっと意外な活用法 > 針山の中身に使う

コーヒー大事典

  • コーヒーの歴史
  • コーヒーができるまで
  • コーヒータイムを楽しむには
  • コーヒーレシピ・コーヒーメニュー
  • コーヒーの雑学 コラム

コーヒーのちょっと意外な活用法針山の中身に使う

コーヒー・トリビア

コーヒーかすを針山の中身に利用しましょう!

コーヒーには油分が含まれています。コーヒーを抽出(ちゅうしゅつ)した後の「コーヒーかす」にも、この油分が残っていて、金属のさびを防いでくれる働きがあります。
この性質を利用して、「コーヒーかす」を中身にした針山を作ってみませんか?少しコーヒーのいい香りもして、コーヒー好きにはうれしい針山ができあがります。

よく乾燥させてから、使いましょう。

「コーヒーかす」はカビが生えないように十分乾燥させる必要があります。

おすすめの方法は三つ。一つは、フライパンで水分がなくなるまで煎ります。このとき焦がさないように火を弱火にするのがポイントです。

二つめは、電子レンジを利用する方法。飛び散らないように、少し深めの皿に「コーヒーかす」を平らになるように入れ、そのまま電子レンジにかけます。全体の水分を飛ばすように、ときどきスプーンなどでかき混ぜながら、乾燥させましょう。
電子レンジの中の臭いまで取ってくれるので一石二鳥です。

三つめの方法は、自然乾燥です。お部屋の中でも外でもいいのですが、外の場合、「コーヒーかす」が飛んでいってしまわないように、風に注意してください。平らな皿に広げて乾燥させます。

さて、針山カバーは、できるだけ目の細かい布で作りましょう。あまり目の粗い布だと、中から「コーヒーかす」が出てくる心配があります。「コーヒーかす」を良く乾燥させたら、後は中身として、「コーヒーかす」を詰めるだけです。